駅ナカで本格パニーニが味わえるカフェ「アンティコカフェ アルアビス」横浜ジョイナス店

「アンティコカフェ アルアビス」(ANTICO CAFFÈ AL AVIS)は、コーヒーやパニーニ、ドルチェなどを気軽に楽しめるお店です。

今回、アクセスも抜群の「横浜ジョイナス店」を訪れてみたのでご紹介します!

目次

「アンティコカフェ アルアビス」は横浜ジョイナス1階

アンティコカフェ アルアビスは横浜ジョイナス1階、相鉄線改札の近くにあります。

イタリアの「バール(コーヒーショップ)」をコンセプトとしたという、カジュアルでおしゃれなカフェ。

入り口がオープンで入りやすい雰囲気ですよね。

「アンティコカフェ アルアビス」横浜ジョイナス店のメニュー

お店に入ったら、まずはカウンターで注文を。

ドリンクは、バリスタさんが一杯ずつ丁寧に淹れてくれるコーヒーを中心に、ラテや紅茶、ハーブティー、ジュース類など20種類以上。

デカフェや豆乳に変更、ジェラートトッピング(さすがイタリア風!)といったカスタマイズも楽しめちゃいます。

ショーケースの中には、スイーツやサンドイッチなどが並んでいます。

朝9時から営業しているので、遅めの朝ごはんに立ち寄っても良さそうですね。

ちなみにこの日は9時半ごろに訪れましたが、お店の方に聞いたところ、ショーケースにたくさんの商品が並ぶのはだいたい10時半くらいとのこと。

すべて自家製というこだわりのパニーニは、注文後にグリラーで表面を香ばしく焼いてもらえます。

アンティコカフェの一番人気は「スピナッチ」。

ほうれん草、きのこ、ベーコンのフィリングがたっぷりはさまれていて、見るからにパワーが湧きそう!

「サルモーネ」は、白パンに、スモークサーモンとカリフラワーをオニオンとピクルスのソースで和えたフィリングという、おしゃれな一品。

フィリングに合わせてバンズも変えているんですね。

自家製のスイーツも見逃せません。

新商品の「パンナコッタ アル マンゴ」は色合いのコントラストもキレイな一品。

他にも、チョコレートケーキやチーズケーキなどのしっとり系や、イタリアの伝統菓子ビスコッティなどがそろいます。

さりげないおもてなしがたくさん!「アンティコカフェ アルアビス」横浜ジョイナス店の店内

さて座席を…とカウンターの奥へ進んでみて、その広さにビックリ。

なんと100席もあるそうなので、カフェが混み合う昼下がりにも、比較的入りやすいかも?

壁にはポスターと並んで上着掛けが設けられていました。

脱いだ上着の置き場所って意外と困るので、こういう配慮は嬉しいところです。

イスをよく見ると、背もたれと座面に、薄く花の絵があしらわれています。

思わずお隣のイスも見ちゃいました。

こちらはまた別の柄なんですね。このさりげなさがニクイ!

「アンティコカフェ アルアビス」横浜ジョイナス店で楽しむパニーニ&ドリンク

今回はパニーニ「スピナッチ」と「レモネード(アイス)」を注文しました。

鮮やかな色合いも食欲をそそります!

スピナッチ

黒ゴマが香ばしいサクッとしたバンズに、ぎゅうぎゅうのフィリング。

ほうれん草にきのこ、ベーコンがマヨネーズで和えられた、ヤミツキになりそうな味わいです。

料理サイトでは、この「スピナッチ」の再現レシピも多数アップされているほどの人気者なんですよ!

レモネード

スッキリとした甘さで、暖かい日や気分をリフレッシュさせたい時にピッタリのレモネード。

カットされた生のレモンが入っているので、果肉感と爽やかな香りも楽しめます。

「アンティコカフェ アルアビス」横浜ジョイナス店の店舗情報

今回は「アンティコカフェ アルアビス」横浜ジョイナス店を訪れました。

ほどよくカジュアル・ほどよく落ち着いていて、ブランチ、カフェタイム、夕食後のコーヒーに…など、色々なシーンにマッチしそうなお店です。

2022年3月現在、横浜市内では、このジョイナス店のほか、みなとみらいのランドマークプラザ店があるので、お近くにお出かけの際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

店舗名アンティコカフェ アルアビス 横浜ジョイナス店
住所神奈川県横浜市西区南幸1−5−1ジョイナス1F
電話番号045-317-1270
営業時間9:00~20:00
テイクアウト情報あり
URL公式サイト公式Instagram

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次