本格モダンチャイニーズをカジュアルに!ルミネ横浜「ブリル飯店」で味わう点心と中国茶

ルミネ横浜内の「ブリル飯店」は、中国料理の伝統に世界各国の調理技法をミックスした、オリジナルのモダンチャイニーズのお店です。

店名の「Bril(ブリル)」は「Brilliant(ブリリアント=素晴らしい・見事な)」を短くしたカジュアルなイギリス英語。

高級中華のクオリティを気取らずシンプルに楽しめる同店で、点心と中国茶をいただいてきたのでレポートします!

目次

「ブリル飯店」はルミネ横浜7階

「ブリル飯店」は横浜駅直結、ルミネ横浜の7階にあります。

11時のオープンから、ランチ、アフタヌーンティー、ディナーと22時半まで休みなく営業しているので、お買い物・お出かけの合間やお仕事の後など、色々なシーンにピッタリ。

お店は間口が広く、開放的で入りやすい雰囲気です。

「ブリル飯店」のナチュラルでおしゃれな店内と、こだわりメニュー

この日はランチタイムに訪れました。

広々とした店内に、一面に取られた窓から光がたっぷりと入ってきます。

ウッド調の落ち着いた雰囲気で、木製のシーリングファンもおしゃれ。

レジ後ろ側の壁には中国茶の茶器がディスプレイされています。

どこをとっても素敵な空間で、眺めていて飽きません。

さて、ランチメニューです!

ランチセットは麺か炒飯をメインに、すべて「小菜2種」と、「チャーシュータルト」もしくは「四川風よだれ鶏」が付きます。

ブリル飯店の名物・チャーシュータルトは、自家製チャーシューと特製アパレイユをパイ生地に包んで焼き上げた、中華風のキッシュのようなお惣菜タルト。

テイクアウトもできるので、持ち寄りパーティーなどにもおすすめですよ。

ドリンクメニューには、こだわりのある醸造所でつくられた「クラフト紹興酒」が並んでいるのが特徴。

お酒好きにはたまらない「飲み比べセット」もあります。

中国茶は、専門店から厳選して仕入れられた、こちらもこだわりの6種類。

それぞれの特徴や料理との相性が書かれていて、注文する料理との組み合わせで選ぶのも◎。

「ブリル飯店」の中国茶と点心を堪能

今回はランチセットというよりは点心を少しずつ、しかも甘いものも食べたい気分だったので、単品の「チャーシュータルト」「海老ワンタン」「マーラーカオ(中華風カステラ)」を。

ドリンクには「花の香り系で、注文した点心と相性のいいもの」とお店の方に希望を伝え、オススメしてもらった「黄金桂」をチョイスしました。

烏龍茶「黄金桂」

中国茶はティーポットと専用の茶器で提供されます。

添えられたお茶の説明のカードを、砂時計が落ちるのを待つ間に読んでワクワク!

その名のとおり淡い黄金色が美しい「黄金桂」は、上品で優しい花の香りがふんわりと広がるお茶です。

ほのかに甘みがあって後味はスッキリ。

小ぶりな美しいカップにティーポットから少しずつ注ぎつつ、ゆっくりと味わうのはなんとも贅沢な気分です。

チャーシュータルト

ブリル飯店名物の「チャーシュータルト」。

香ばしそうな焦げ目が食欲をそそります。

かじってみると、サクッとしたパイ生地とやわらかなアパレイユが一体となって、口の中にジュワッ!

甘辛くジューシーな自家製チャーシューは、農林水産大臣賞受賞の茨城県行方産「美明豚」を使用しているそう。

止まらなくなるおいしさで、あっという間に食べてしまいました。

海老ワンタン

大粒のエビがごろんと入った、食べ応えのあるワンタン。

タレは上品な色ながらしっかりとした味で、生姜の風味が活きています。

マーラーカオ(中華風カステラ)

輝くようなたまご色のマーラーカオ。

蒸したてが運ばれてきて、席で蒸籠のフタを開けてもらえる演出にテンションが上がります。

あつあつ、もっちり、ほど良い甘さで、なんだか懐かしいような素朴なおいしさのスイーツなのでした。

「ブリル飯店」の店舗情報

今回はルミネ横浜7階の「ブリル飯店」を訪れました。

名物「チャーシュータルト」をはじめとする点心はどれも個性の際立つおいしさ。

こだわりの中国茶やお酒と一緒に、ぜひ楽しんでくださいね。

店舗名ブリル飯店
住所神奈川県横浜市西区高島2-16-1
ルミネ横浜店 7F
電話番号050-5872-2310
営業時間【ランチ】11:00~15:00
【アフタヌーンティー】13:30~17:00
【ディナー】15:00~22:30
テイクアウト情報あり
URL公式サイトInstagram食べログ

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次