横浜モアーズの自然薯・とろろ料理専門店「黒十」が夏季限定メニューを発表!

横浜駅西口からほど近い横浜モアーズの9F、自然薯・とろろ料理専門店「黒十(コクトウ)」横浜店が7月31日(金)から夏季限定メニューの提供を開始します。

とろろ料理を提供する「黒十」

兵庫県神戸に本店を構える「黒十」。

自然を食す。」をテーマに、山野に自生する日本原産の“山芋の王様自然薯”を使ったとろろ料理を提供しています。

名物自然薯とろろ鍋をはじめ、季節の釜飯や厳選した肉や魚をシンプルに味わう炭火焼が自慢の商品なんだそう。

神戸・灘にある蔵元から取り寄せた日本酒や、ソムリエが選ぶ自然派ワインとともに、神戸で長く愛され続ける食を楽しめるお店になっています。

気になる夏季限定のメニュー一覧

今回夏季限定で出る商品は一品料理が7品と、コース料理がひとつ

かなりたくさんのメニューが追加されるので、写真付きで一挙ご紹介したいと思います。

焼き鱧と淡路玉葱の釜飯 2,600円(税抜)

オーダーをしてから丁寧に焚き上げるという黒十名物の釜飯。

夏季限定メニューでは夏の風物詩でもある鱧(ハモ)をふんだんに使用。
炙った鱧の香ばしさと淡路玉ねぎの甘みが楽しめる一品になっています。

一釜で2~3人前あるそうなので、シェアをするのがおススメ!

アジのトマト南蛮漬け 780円(税抜)

夏野菜のトマトで彩も鮮やかな「アジのトマト南蛮漬け」。
出汁を効かせた甘酢の程よい酸味で、アジの旨味がぐっと引き立ちます。

蒸し穴子と賀茂茄子の冷やし田楽 980円(税抜)

ふっくらと蒸しあげた「穴子」と今が旬の肉厚「賀茂茄子」を田楽風に。

田楽と聞くと暖かい料理を想像しますが、さらりと食べられそうな冷たいものに仕上がっています。

トウモロコシと枝豆のかき揚げ 650円(税抜)

こちらも今が旬の夏野菜、甘みの強いトウモロコシと枝豆を薄衣でサクッと仕上げたかき揚げ。
食感がとても良さそうな夏を感じる一品になっています。

伊予いも豚の炭火焼と焼き野菜 1,400円(税抜)

脂の乗った伊予いも豚と、季節の野菜を備長炭でじっくりと焼き上げた商品。
旨味をギュッと濃縮した深い味わいになっています。

鮎の炭火焼き 緑酢添え 1,280円(税抜)

こちらも自慢の備長炭を使い焼き上げることで、皮目はパリッと身はふっくら。
今が旬の鮎に、すりおろしたきゅうりを混ぜ合わせた緑酢が添えられています。

万願寺唐辛子の海老鋳込み揚げ 890円(税抜)

彩鮮やかなこちらの商品は、夏に旬を迎える京野菜の一種「万願寺唐辛子」を使った一品。
ほんのり甘みのある唐辛子と海老の相性が抜群なんだそう。

夏食材コース 全7品 2時間飲み放題付き 6,000円(税抜)

先ほどご紹介した夏限定メニューを取り入れた「夏食材コース」。
料理のみの注文の場合は 4,500円(税抜)になります。

コースの内容は

  • 【先付け】蓴菜ともずくの三杯酢
  • 【前菜】自然薯の前菜3種(自然薯の生とろろ・お造り・団子揚げ盛り合わせ)
  • 【刺身】旬の鮮魚
  • 【サラダ】フルーツトマトと旬の野菜を使ったサラダ
  • 【焼き物】旬のお野菜2種盛り
  • 【釜飯】焼き鱧と淡路玉葱の釜飯
  • 【甘味】季節のジェラート

となっています。

「黒十」横浜店の店舗情報

関東に2店舗しかない「黒十」のみで販売する今回の夏季限定メニュー
神奈川でこの味が楽しめるのは横浜モアーズにある「黒十」横浜店だけ!

夏バテ解消にはとろろ!という話も聞くので、この機会に旬の食材に触れつつとろろ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗名黒十(コクトウ) 横浜店
住所神奈川県横浜市西区南幸1-3-1
横浜モアーズ9F
電話番号045-595-9091
営業時間月〜金11:00~23:00  土日祝 11:00〜22:00 
URL公式サイト食べログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
横浜駅周辺観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事