裏横「デューカ ディ カマストラ」高島町店で希少品種の小麦を使ったパンをテイクアウト

横浜駅東口から万里橋方面に向けて歩いていくと、個性的な飲食店がちらほらと点在しています。ここは“裏横”と呼ばれているエリアです。横浜駅西口は若者向けの店舗が多い一方、東口のこのエリアは大人の隠れ家的な店舗が軒を連ねています。

「デューカ ディ カマストラ」高島町店はこの地域に立地している地元密着型のパン屋さん。希少品種の小麦「キタノカオリ ロイヤルストーン」と北海道産の小麦をブレンドし、天然酵母を使ったパンをリーズナブルな価格帯で提供しています。

大人になったら入ってみたくなるパン屋さん…といったところでしょうか。今回はそんな「デューカ ディ カマストラ」高島町店のパンをテイクアウトしてみたのでレポートしていきます!

横浜駅徒歩5分、イタリア風の真っ白い建物「デューカ ディ カマストラ」高島町店

横浜駅東口から徒歩5分。万里橋を越え、斜め左方向の道路へ入ってしばらくすると、イタリア風の白い建物が見えてきます。緑の植栽と年輪を重ねた趣深い建物の白。コントラストが映えていますね。

ここが「デューカ ディ カマストラ」高島町店。2階では系列店のイタリアンレストラン「da TAKASHIMA」が営業しています。

扉を開けると小麦の芳醇な香りが鼻を抜けていきます。木棚に並べられたパンが美味の世界へと誘っているかのようです。さて、どのパンを選びましょうか。

名前の由来はイタリア・シチリア島のタイル店から

「デューカ ディ カマストラ」高島町店を運営する横浜食産の社長・古川昌弘さんは2000年、この地にイタリアンカフェをオープン。2002年には関内にてイタリアンレストラン「パネ・エ・ヴィーノ」の営業を始めました。

パネはイタリア語でパン、ヴィーノはワインという意味。どちらもイタリア料理には欠かせないメニューです。古川さんは「パンを店名に入れているのに自家製のパンを作ってないのはさすがにまずいのではないかと思い、パン作りを始めました」といきさつを語ります。

2008年にはイタリアンカフェを改装し、「da takashima」と「デューカ ディ カマストラ」高島町店をオープンさせました。

「よりイタリアの雰囲気を出すお店を出そうということで、雰囲気づくりを担うタイルをふんだんに使ったお店を作ろうと考えました。イタリアはタイルの本場。輸入させてくれる店を探し回わって、見つけたのはシチリア島のタイル店・デューカ ディ カマストラでした。名前をそのままいただいたんです」と古川さん。店内には実際にデューカ ディ カマストラのタイルが使われています。

イタリアを回っているうちに、古川さんはイタリアの人たちは地産地消を心がけているということに気づきました。そこで、「デューカ ディ カマストラ」でも国産の小麦にこだわったパンを作ることにしたそうです。

「デューカ ディ カマストラ」高島町店のラインナップ

「デューカ ディ カマストラ」高島町店では、食パンや総菜パン、菓子パンなど常時80種ほどのパンをリーズナブルな価格で提供。

小麦は北海道の希少品種「キタノカオリ ロイヤルストーン」など国産小麦を主体としてブレンド。天然酵母のルヴァン種を発酵させて、補助的にイースト菌を使用しています。冷蔵低温熟成で、小麦の旨みと風味を引き出すパンを反町駅前店で製造し、焼き立てのパンを1日6回配送しているそうです。

「デューカ ディ カマストラ」高島町店の注目パンをテイクアウト

今回は「インペリアル ブレッド」「白いクリームパン」「シナモンロール ~マルセイユ風~」「フランス風 クリームパンケーキ」「3種のチーズ」「ミラノ風 チーズブリオッシュ」の6種をテイクアウトしました。

しっとりとした食パン「インペリアル ブレッド」

ショートニングやマーガリンを使わず、発酵バターと無塩バターで作った食パンです。しっとりとしていてくちどけのよい食感。小麦本来の甘みが感じられます。

絶妙な食感の「白いクリームパン」

人気商品の一つです。生地は表面カリッと、中はもっちり。焼き色がつかないぎりぎりのところで仕上げているので、この食感を保っているそうです。

甘みとコクが豊潤なクリームが口の中で溶けていきます。

甘さ控えめ大人の味わい「シナモンロール ~マルセイユ風~」

こちらも人気の高い一品。フランス風に仕上げてあるので、甘さ控えめです。

上にかかっているアーモンドスライスと中に入っているクルミやナッツの食感も楽しめます。シナモンの香りがいいですね。

甘さ抑えめの上品なクリームがおいしい「フランス風 クリームパンケーキ」

大量のクリームを浴びたいときにおすすめ。甘さ抑えめのクリームが舌の上で踊ります。生地もふわっとしていておいしいです。

各種チーズを一気に堪能できる「3種のチーズ」

ハード系のバケット。青カビタイプでクセのあるゴルゴンゾーラ、マイルドなマリボー、コクのあるグリエール。3種のチーズの違いを感じながら味わえますよ。

「ミラノ風 チーズブリオッシュ」

ふわっとした食感の一品。チーズはパルメザンとマリボーを使用していて、頬張るとチーズの香りが鼻をくすぐる一級品。

「デューカ ディ カマストラ」高島町店の店舗情報

極力添加物を使用せず、小麦や生乳は国産。上質な原材料にこだわったパンが店頭に並んでいます。

「デューカ ディ カマストラ」は高島町店、反町駅前店、妙蓮寺店の3店舗。系列店にはピノッキオ天王町店もあるので、もしお住まいの近くにあったら、ぜひ立ち寄ってみてください。おいしいパンがあなたを待っていますよ!

店舗名「デューカ ディ カマストラ」高島町店
住所神奈川県横浜市西区高島2-10-28 中山ビル 1F
電話番号045-451-5377
営業時間10:00~20:00
テイクアウト情報あり
URL食べログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コラム「なかのひとに聞いてみた」をもっと読む
横浜駅周辺観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事