エキュートエディション横浜が2020年7月にオープン予定!横浜エキナカ商業施設で5ショップ設置

2020年7月、横浜駅にエキナカ商業施設「エキュートエディション横浜」がオープンすることが株式会社JR東日本リテールネットから発表されました。

JR東日本の駅改良に合わせたこの施策では、2020年3月以降から山手線沿線をはじめとする首都圏エリアを中心に、12駅、計71ショップがオープンする予定です。

エキュートエディション横浜は「エキュート」で培ったエキナカ商業施設のノウハウを活かした新ブランド

今回オープンされる商業施設の中でも横浜、飯田橋、有楽町、で開業するのは、新ブランド「エキュートエディション」です。

2019年11月にできた渋谷スクランブルスクエア内店舗に続く流れ。

株式会社JR東日本リテールネットの基幹ブランド「エキュート」で培ったエキナカ商業施設のノウハウを活かし、新たな価値創造を目指すブランドです。

ブランド名「 エキュートエディション 」の由来

エキナカブランド「エキュート」の特徴や強みを環境や利用シーン毎に「最適化=“編集”」という新業態の方針を「EDITION」=「版」というサブネームを付けることで表現されたものです。

エキュートエディション横浜には5ショップが展開予定

エキュートエディション横浜には飲食・サービスなど、合計5ショップの展開が予定されています。

2020年7月、駅改札内コンコース供用開始にあわせてオープン予定です。

※オープン時期やショップ数などは現時点の予定です。今後の続報に応じて随時追記していきます。

現時点で判明しているエキュートエディション横浜の概要

施設名 エキュートエディション横浜
場所横浜駅
開業時期2020年7月
※駅改札内コンコース供用開始にあわせてオープン予定
ショップ 飲食・サービス など5ショップ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
関連記事