桜木町のおしゃれなカフェダイナー「EDIT DINING(エディット ダイニング)」でゆったりとランチタイム

桜木町や馬車道の駅からも近い大岡川沿いにある「HOTEL EDIT 横濱(ホテル エディット ヨコハマ)」。その一階には宿泊客以外でも入れるおしゃれなダイニングレストランがあるのをご存知でしょうか?

それが「EDIT DINING(エディット ダイニング)」。

いくらでも過ごしていられそうなおしゃれなゆったり空間が広がるこのお店は、桜木町でも穴場のスポット!風通りの良い店内でのんびりできますよ。

今回は「EDIT DINING(エディット ダイニング)」でランチを楽しんできたので、レポートしていきます。

桜木町の穴場「EDIT DINING(エディット ダイニング)」はHOTEL EDIT横濱に併設

「エディットダイニング」は、「HOTEL EDIT横濱(ホテル エディット ヨコハマ)」に併設されたレストランです。

桜木町の駅に新しくできた新南口側を出ると、すぐに歩道橋がありますよね。
その歩道橋を右側へ入ると馬車道・関内方面へ進むとすぐ目の前にグレーのレンガの建物が見えてきます。

歩道橋を降りた目の前にこんな入り口が見えるので、迷うことはないはず!

関内の住吉町・入船通りの端っこに立つこの「HOTEL EDIT横濱」は2015年にできたホテル。レンガや木の温もりが感じられるおしゃれな空間が広がるホテルで、みなとみらいでもおすすめのおしゃれスポットなんです。

ホテルは、「自分らしい旅を編集する」がコンセプト。ビジネスの方から横浜観光の方までたくさんの人が利用しています。週末は満室になることがほとんどだそう。

「エディットダイニング」は、通常は朝食からディナーまで利用することができます。今は営業時間が変動しやすい時期なので、行く前に公式Instagramなどで最新の営業時間を確認してみてくださいね。

くつろぎ空間広がる店内

大きな窓から明るい光が差し込む「エディットダイニング」。デザイナーが手掛けたおしゃれな店内には、ゆったりとしたソファや木のテーブルが並びます。ソファは一度座ったら動けなくなること必死の座り心地の良さ!

ランチタイムはひとりで訪れるビジネスマンも多く、座りやすいよう2人がけのテーブルも用意されています。

こちらはホテルのフロント側。
こちらも可愛らしいタイルが引き詰められています。

ナチュラルな木のテーブルや椅子がよく似合う素敵なフロア。
奥はホテルのフロントです。

そんな「エディット ダイニング」でおすすめなのが、こちらのボックス席!
カーテンを閉めて特別空間を演出してくれちゃうのです。

友達や家族との誕生日やお祝いに最適。

ビジネスランチが落ち着いた時間なら空いていることもあるそうですが、人気の席なので、絶対に座りたい人は予約しておくのがベスト!

神奈川の野菜や旬の食材を活かしたレストラン!「EDIT DINING(エディット ダイニング)」

リピーターが多いエディットダイニング。「お客様からの美味しい!の一言が嬉しくて、働いてます。」というスタッフの小島さんにお店の様子を伺いました。

店名「エディットダイニング」は、ホテルをひとつの家として捉え、エディットのダイニングを楽しんでほしい名付けたもの。今では神奈川県の美味しい野菜や旬の食材を使った料理を提供するお店として大人気。

料理は旬の食材を使ったメニューがおすすめと教えてくれました。パスタやエディットサラダ、カレー、ハンバーガーなどが人気で、週2〜3回食べにくる方もいるほどなんだとか。どれも家では味わえないひと手間を加えた料理ばかりです。

ランチタイムの忙しい時間を過ぎると、お客さんと自然な会話が生まれ、好きなメニューの話や最近の出来事などで話に花が咲くことも。「お客さんからいつも元気をもらっています」と小島さんも笑顔で話してくれました。

どこからか楽しそうな声が聞こえてくる。そんなアットホームなダイニング。お客さんの年齢層は幅ひろく、近くのビジネスマンたちにも人気のお店なんですね。

「EDIT DINING(エディット ダイニング)」のメニュー

2021年の5月から新たにメニューを一新して、さらに美味しくなった「エディットダイニング」。メニューにはパスタやステーキ、カレー、グラタン、サラダなどがラインナップしています。

メニューは、大体1,000〜1,300円と手頃なお値段。税込価格なのも嬉しいポイントです。週末の贅沢ランチには、ステーキがおすすめで150グラムか300グラムが選べるので、ガッツリ派にも◎。

こちらは、「エディットダイニング」で人気のハンバーガー!円っと輪切りにした玉ねぎとトマト、ハンバーグがサンドされています。食べ応えもありそうですね。

タルタルフィッシュバーガーやBLTサンド、ピザトーストなど、ブレッドメニューも充実。軽く食べたい時にも重宝しそう。そのほかキッズプレートやスイーツも充実していて、もちろん全てレストランで手作り。

家族でもカップルでも一人でも。
本当に色々なシーンで訪れたくなるラインナップです。

7:00〜10:00限定でトーストを中心とした朝食メニューも。
お値段も350円〜700円と気軽に楽しめる価格なので、朝散歩がてら寄ってみるのも楽しそうですね。

「EDIT DINING(エディット ダイニング)」でランチタイム

今回は「EDIT DINING(エディット ダイニング)」でランチタイム!

注文したのはエディットサラダ。オープン当初からの人気メニューで、最近復活したと聞いたので、食べてみることに。

横浜の野菜を使ったサラダには、カリッと焼かれた鶏肉がのっています。温泉卵を崩してドレッシングと混ぜて食べるのがベスト!野菜をしっかりと食べたい日にチョイスしたいですね。

ドレッシングはフレンチタイプで、こちらも手作りなんだとか。

つづいてイワシと横浜野菜の松本さんちの2色ズッキーニのオイルパスタ!友人と分けて食べるので大盛りにしてもらいました。ランチでは大盛りサービスが無料。パスタにはセットでサラダも付いてくるので満足度◎です。

シンプルなオイルパスタだからこそ、イワシや野菜の味わいが楽しめます。
レモンがまた後味をすっきりとさせてくれるので、いくらでも食べられそう。

食後には甘いスイーツ!こちらも2人で分けさせてもらいました。ティラミスは濃厚かつ優しい味わい。バスクチーズケーキはまた食べたくなるチーズケーキです!

ちなみにコーヒーマグのシンプルなデザインも良いですよね。

「EDIT DINING(エディット ダイニング)」の店舗情報

今回訪れた「エディットダイニング」、実は以前はラグー & ウィスキーハウスという名前だったそう。名前を変えてから数年、現在はますますファンが増えてきているようです。

週末などは宿泊客で混み合うこともあるので、ゆっくりしたいなら行く前に様子を伺いに電話で聞いてみるのもおすすめ。

おしゃべりを楽しみながら、ゆったりと寛ぐのにおすすめの「エディットダイニング」。家族や親しい友人と一緒に訪れてみませんか?

店舗名EDIT DINING(エディットダイニング)
※旧名:ラグー & ウィスキーハウス
住所神奈川県横浜市中区住吉町6-78-1
電話番号045-680-0239
営業時間朝食 7:00~10:00 昼食 11:30~15:30
定休日:不定休
テイクアウト情報あり
URL公式サイト食べログInstagram

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コラム「なかのひとに聞いてみた」をもっと読む
みなとみらい観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!

横浜生まれ、横浜大好きなハマっ子です!古くも新しくもある横浜をもっと楽しみたい。そして、皆さんにも楽しんで欲しいと執筆。ワクワクを届けられますように。

横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事