「えの木てい」そごう横浜店 山手のカフェで愛される定番&ここだけの限定スイーツをテイクアウト

ハマニアでも以前ご紹介した横浜・山手のカフェ「えの木てい」。
1927年に建てられた西洋館の中で、アンティーク家具や暖炉などに囲まれてティータイムを過ごすことのできる素敵なお店です。

本店以外では、百貨店や横浜ワールドポーターズなどで購入できる「えの木てい」のお菓子ですが、中でも品ぞろえが豊富なのが、そごう横浜店。

今回、本店でも人気のお菓子各種のほか、「えの木てい」そごう横浜店限定のスイーツも見つけたのでご紹介します!

「えの木てい」のお菓子が買えるのは、そごう横浜店地下2階

「えの木てい」が入っているのは、そごう横浜店の地下2階洋菓子売り場。

横浜土産としても名を馳せる名店が並ぶコーナーの一角にあります。

定番横浜みやげから限定スイーツまでそろう「えの木てい」そごう横浜店

お店のスペースはコンパクトですが、そこに所狭しと並んだお菓子たちは見るだけでもワクワク!

横浜土産としておなじみのお菓子たちは、そこに込められたイメージやストーリーからも横浜愛が伝わってきます。

山下公園やマリンタワー、青い海に行きかう船という”港町・横浜”のイラストがあしらわれた「横濱レモン」は、横浜に吹くさわやかな風をイメージしたレモンチーズケーキ。

「山手西洋館めぐり」は、かつて外国人居留地だった山手に残る西洋館をイメージしたショコラケーキです。

ちなみに4個入り・6個入りの箱の中には、アンティーク風のオリジナルポストカードが入っているそう。

「チェリーサンド」は、えの木ていを代表する商品のひとつです。

お店を始めたころ、ケーキに色々なソースをかけて提供していたらチェリーの評判が特に高かったことから「チェリーを使ったお菓子づくりを」と試行錯誤を重ね、生まれたお菓子だとか。

個人的にときめいたのが「ジュエリーBOXクッキー」。

オトナ可愛いジュエリーボックス缶も魅力的ですが、えの木てい自慢の手作りクッキーも見逃せません。

横浜市の花でもあるバラをかたどった「横濱ローズサブレ」は、ハッピー感いっぱいで、贈り物にもおすすめです。

バラに囲まれる「えの木てい」が描かれたパッケージも素敵ですよね。

「おっ?」と目を引いたのがショーケースの中の生ケーキ。

エクレアはそごう横浜店の限定販売だそうで、ちょっとテンションが上がっちゃいます!

「えの木てい」のお菓子をテイクアウト

今回は、そごう横浜店限定のエクレアを2種類と、ロングセラー商品の「チェリーサンド」を購入しました。

エクレア ピスタチオ

色とりどりのお花とテントウムシで飾られたグリーンのエクレアは、まるで野原のようで楽しい気分。

手土産やおもてなしにも喜ばれそうなスイーツです。

中には濃厚なピスタチオクリームがたっぷり入っていて、ピスタチオ好きにはたまりません。

エクレア ショコラ

シックでおしゃれなチョコレートのエクレア。

こちらも濃厚な味わいです。

チョコクリームは甘さの中にもほんのりとしたほろ苦さがあり、紅茶やコーヒーの他、ウイスキーなどのお酒に合わせてもおいしそう!

チェリーサンド

2枚のサブレの間に、たっぷりと厚みのあるクリームが挟まれたスイーツです。

切ってみると、中からはコンポートされたダークチェリーが。

さっくさくのサブレにあっさり目のクリーム、とろりとしたチェリーが混ざり合い、懐かしいような優しい味わいです。

「えの木てい」そごう横浜店の店舗情報

今回はそごう横浜店内「えの木てい」を訪れました。

以前からおなじみのお菓子たちも、誕生秘話を知ったりパッケージをよく見てみたりすると、新しい発見がたくさん。

おいしい上になんだか温かい気持ちになれる、嬉しいティータイムになったのでした。

そごう横浜店は横浜駅から直結とアクセスも抜群なので、近くにお出かけの際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

店舗名えの木てい そごう横浜店
住所神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店地下2階
電話番号045-465-2111 (大代表)
営業時間午前10時~午後8時
テイクアウト情報あり
URL公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
横浜駅周辺観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!

国内各地を転々とした後、2016年から横浜市在住。おいしいものと猫と植物が好きです。

横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事