大さん橋近くのカフェレストラン「JACK CAFE」で特大バンズのハンバーガーを体験してきた!

大さん橋の近く、開港広場前にある「JACK CAFE(ジャックカフェ)」は、オールドアメリカンを体現するカフェレストラン。

庇を突き抜けるハイネケンのボトルが目印の店舗は、古きよき横浜を思わせるカフェ“WEST”と落ち着いた雰囲気のレストラン“EAST”に分かれています。

今回、実際にお店に伺ってきたのでレポートしていきます!

日本大通り駅から徒歩5分。“EAST”と“WEST”で雰囲気ががらりと変わるJACK CAFE

みなとみらい線日本大通り駅から徒歩5分。大さん橋通りを道なりに海方向に進んでいくと開港広場に出ます。

すると、ハマニアで以前紹介したデンマーク料理「スカンディヤ」やハワイ料理「サンアロハ」、ハンバーガーショップ「PENNY’S DINER」が入居している横浜貿易会館が目の前に見えてきます。

その隣にあるのが今回のお店「JACK CAFE」。
建物は昭和5年に竣工された「ジャパンエキスプレスビル」。淡いピンク色のタイル貼りの外壁は太平洋戦争を乗り越えて、今でもクラシカルな風情がありますよね!

JACK CAFE WEST

外観のハイネケンのボトルが特徴的な“WEST”は、60`sアメリカンを彷彿とするカフェスタイル。

白黒チェックのフロアに” Budweiser”のネオンサイン。にぎやかな店内に心が躍ります!奥にはピンボールが配置されており、実際に遊ぶこともできるんです。

JACK CAFE EAST

一転、“EAST”は落ち着いた雰囲気のお店。

中に入ってみると木目の温かみを感じられる可愛らしい空間。
落ち着いて食事のできる雰囲気のアメリカンレストランとなっています。

手作りにこだわるのがオープン当初からのコンセプト。「JACK CAFÉ」の魅力は手間をかけた素朴な料理

今回は“EAST”と“WEST”、両方の店長を務める岡田操久央(あくちか)さんのお話を伺いました。

1999年11月にオープンした「JACK CAFE」。

アメリカで広告代理業を営んでいた岡田さんのお父さまがオーナーで、60`sカルチャーが好き。その空気感をそのままお店に持ってきたそうです。

メニューのこだわりは手作り。

岡田さんは「オープン当初からのコンセプトなんです。あくまで手間をかけて作っています。おいしいかおいしくないかは人それぞれ違いますが、とにかく素朴なものを出しています」と語ってくれました。

実際に手作りの様子を見学させていただき、もうワクワク!

ちなみに最初は1階フロアを一緒にしてオープンしようとしていたそうですが、ビルの構造上の理由でできなかったとのこと。

そこで逆に、それを生かした形で“EAST”と“WESTに分けて営業をすることにしたそうです。

とても素敵なエピソードですよね!

「JACK CAFE」のメニュー

メニューはサンドウィッチやハンバーガー、ホットドッグなどの軽食からハンバーグステーキやロールキャベツ、スパゲティー、インドカリーなど、しっかりとした食事を楽しめるものまで幅広く提供しています。

デザートはケーキやクレープ、アイスクリーム、ドーナツなどをそろえ、ドリンクも各種アルコール類からコーヒー、ソフトドリンクまで驚くほどの充実っぷり。

フードは自家製の漬け込んだチキンを自家製パンで挟み込んだ「JACKハウスサンドウィッチ」、デザートは「バナナチョコレート」の人気が高いそう。

出来立てをおいしく食べてもらうため予約制にしているというドーナツも評判らしく気になるものばかりなんです。

「JACK CAFE」のハンバーガーとチーズケーキを堪能

今回は「ハンバーガー」と「ニューヨークチーズケーキ」をいただきました。

特大自家製バンズでパティを挟んで食べる「ハンバーガー」

テーブルに運ばれてきた一皿は特大バンズのハンバーガー。

つなぎを使っていないというパティの上にはチーズとベーコンが乗っていて、味つけはケチャップとマスタードをお好みで。

添えられたトマト、レタス、タマネギはさっぱりとしたタルタルソースにつけてもよし、バンズに乗せてもよし。自分だけのカスタムハンバーガーにすることができるで、食べる前からもう楽しい!

肉肉しいパティと甘めに仕上げたバンズが舌の上で合わさり、最高。

岡田さんによると「オーナーがニューヨークで食べたハンバーガーをもとにしています。日本人よりもアメリカ人の方が合うのかな。アメリカの人には安心して食べられるねと言われます」とのこと。

日本人の私も大満足です。

そしてハンバーガーにはやっぱりコーラが合いますね!寸胴型の瓶に入っていて60‘sを感じさてくれるのがグっときます。

サクサクしっとり!食感も楽しめる「ニューヨークチーズケーキ」

合わせて注文したのは「ニューヨークチーズケーキ」。
こちらは土台をグラハムクッキーにしているそうで、土台はサクサク、中はしっとり。

食感も楽しめる一品です。岡田さんによると、アメリカの家庭でも焼かれるケーキを再現したものなんだとか。素朴で濃厚な味わいが魅力的です。

そして「チーズケーキ」のお供に「カプチーノ」。
甘みと苦みで大満足のデザートでした。

「JACK CAFE」の店舗情報

取材日には平日にも関わらずカップルの姿もたくさん!
地元の人でも観光で来た人でも、横浜の雰囲気を味わうにはうってつけのお店でした。

外にはテラス席も用意されていて、“EAST”“WEST”店内も合わせると、なんと席数はおよそ100席。

ペットの同伴も可能なお店なので、散歩で日本大通り山下公園通りに足を運ぶ方もぜひ、訪れてみてくださいね。

店舗名Jack-Cafe (ジャックカフェ)
住所神奈川県横浜市中区海岸通1-1
電話番号045-664-0822
営業時間11:30〜20:00(取材時)
URL食べログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
日本大通り観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事