石川町のファストフード店「Juicy Things -Fried Chicken & Slider House-」でスライダーとフライドチキンを堪能

石川町のファストフード店「Juicy Things -Fried Chicken & Slider House-」は、2022年3月オープンの新店舗。スライダーとフライドチキンを中心に提供しているお店です。さて、スライダーとはいったいどんな料理なんでしょうか。

今回は「Juicy Things -Fried Chicken & Slider House-」に伺い、ランチセットや注目メニューをいただいてきたのでレポートしていきます。

かわいらしい赤いシートが特徴的なフランクな雰囲気のお店

JR京浜東北・根岸線石川町駅南口より徒歩1分弱。中村川に沿って元町方面に向かって歩くと、すぐ右手に「Juicy Things -Fried Chicken & Slider House-」はあります。間口がそれほど広くないので、気をつけながら探してみてくださいね。ポップな看板が皆さんをお出迎えしてくれます。

白壁のシンプルな内装に15席。かわいらしい赤いシートのボックス席と立ち食いのカウンターが設置されています。

カウンター内は厨房となっており、笑顔のステキなスタッフさんが手際よく調理を進めています。
フランクな雰囲気のお店ですね。

小さいハンバーガー、”スライダー”を認知してもらいたい

今回は「Juicy Things -Fried Chicken & Slider House-」スタッフの佐久間健治さんと廣川雅巳さんにお話を伺いました。(左から廣川雅巳さん、佐久間健治さん)

「Juicy Things -Fried Chicken & Slider House-」は桜木町にあるビアバー「Sakura Taps -Craft Beer & Coffee-」の姉妹店としてオープンしました。

「『Sakura Taps』ではフライドチキンをおつまみで出しておりまして。それが非常に好評だったということで、フライドチキンをメインにした専門店の企画をしたんです。もう1個メインになるものが欲しいということで、うちの代表がそのスライダーという小さいハンバーガーを以前食べたことがあったらしくてですね。スライダーとフライドチキンの2本の柱でやろうということになったんです」とオープンの経緯を話してくれたのは佐久間さんです。

オープニングスタッフとして働く佐久間さんも廣川さんも、もともとは「Sakura Taps」のお客さんだったそうです。

店名の由来を伺うと、佐久間さんは「『Sakura Taps』でもそうなんですが、クラフトビール界隈ではIPA(インディア・ペールエール)が流行ってまして、これが“フルーティー”というか“ジューシー”な味わいなんです。この“ジューシー”という言葉にうちの代表が引っかかったらしくてですね。“ジューシー”というキーワードでやろうということで、この店名に決まりました」と説明してくれました。

さて、なぜ小さいハンバーガーが“スライダー”なのでしょうか。佐久間さんによると「喉を滑り落ちるぐらい小さいというところから来ているそうですよ。本家のアメリカではパンをちぎって肉を挟んで出すというワイルドな感じらしいですけどね。うちではかわいらしく、旗を立てています」と笑いながら答えてくれました。

最後に廣川さんが「うちはやっぱりスライダー。まだまだお客さんに『スライダーって何ですか?』と聞かれることが多いので、認知していただければ」とアピールしてくれました。

「Juicy Things -Fried Chicken & Slider House-」のメニュー

スライダーのパテにはビーフ、ポーク、ラム、スモークサーモン、シュリンプを用意。ほかにも週替わりでスペシャルスライダーも登場します。ビーフとラムにはバーベキューソース、ポークにはレモン塩ソース、スモークサーモンにはホワイトレモンソースを使用しているのが特徴です。

フライドチキンはオリジナル、ハーブミックス、ケイジャンスパイシーの3種。サイドメニューにはフライドポテトやフレッシュスティックサラダ、コールスローが並びます。17時以降のバータイムにはタンドリーチキンとチリビーンズチップスを用意されています。

「Juicy Things -Fried Chicken & Slider House-」のランチセット&注目メニューを堪能!

今回は、ランチセットの「ビーフスライダーオリジナル+ポークスライダーオリジナル+ラムスライダーオリジナル+コールスロー」と「ジューシーフライドチキンオリジナル」、「ビーフBLTチーズ」、「アイスティー」をいただいてきたのでレポートしていきます。

3種のかわいらしいスライダーを食べ比べ! ランチセットの「ビーフスライダーオリジナル+ポークスライダーオリジナル+ラムスライダーオリジナル+コールスロー」

今回のランチの目玉は3種のスライダーを食べ比べできるセットです。

牛すね肉を使ったビーフスライダーとラムもも肉100%を使ったラムスライダーはバーベキューソース。

ポークスライダーにはレモン塩ソースを使用しています。

全てのスライダーにはマスタードとピクルスが入っており、ジューシーに仕上がっています。
それぞれに「Beef」「Pork」「Lamb」の旗が立っていて、かわいらしいですね。

スライダーは直径6cmのミニサイズ。3種のセットを注文しても楽々と食べられます。

ミンチは当日の朝に挽いているので新鮮で、ポークの塩レモンソースはたまねぎに漬けて作っているので甘みを感じます。それぞれ具材がシンプルなので、肉本来の味わいを楽しめますね。

コールスローはキャベツとコーンとベーコンの組み合わせ。上には黒こしょうがかかっています。さっぱりとしていてシャキシャキ。野菜のみずみずしさを引き出しています。

衣はさくっと身はふわふわ「ジューシーフライドチキンオリジナル」

「ジューシーフライドチキンオリジナル」は黒こしょうを振りかけたシンプルな仕上がりです。ビールを使ったビアフリットスタイルで揚げた衣はさくっとしていて軽さを感じますね。鶏むね肉を使った身もふわふわで、口の中でやさしい味わいが広がります。

具だくさんだけどサクッと食べられるスライダー「ビーフBLTチーズ」

ビーフのパテとベーコン、レタス、タマネギ、トマトをバンズで挟んだ一品「ビーフBLTチーズ」。

具だくさんですが、こちらも一口で食べられます。

スライダーを流し込むさわやかな一杯「アイスティー」

こちらの紅茶は石川町のスリランカの紅茶専門店「MITSUTEA」のものを使用。コップの中には大きめの氷が入っています。

小さくしてしまうとすぐに溶けてしまい、折角の香り高い紅茶が薄まってしまうからだそうです。
細やかな気遣いがうれしいですね。

「Juicy Things -Fried Chicken & Slider House-」の店舗情報

取材した際、アルコール類はご遠慮したのですが、フライドチキンやスライダーはお酒のおつまみとしても楽しめそうですね。テイクアウトも可能なので、もし、石川町方面へ出向く機会がありましたら、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

店舗名Juicy Things -Fried Chicken & Slider House-
住所神奈川県横浜市中区石川町2-62 NICビル101
電話番号045-264-6706
営業時間12:00〜22:00
テイクアウト情報あり
URL食べログFacebookInstagram

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コラム「なかのひとに聞いてみた」をもっと読む
元町・中華街観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!

横浜生まれ横浜育ち!横浜DeNAベイスターズファンです。

横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事