ジューシーさ満点のフルーツサンド!「果実園リーベル」CIAL横浜店

「果実園リーベル」は、新鮮なフルーツをたっぷり使ったメニューが楽しめるフルーツパーラー。東京都内を中心に店舗を展開し、愛されているお店です。

今回、2023年4月にオープンした「CIAL横浜店」を訪れたので、レポートします!

目次

「果実園リーベル」CIAL横浜店にオープン

「果実園リーベル」は、横浜駅直結のCIAL横浜の地下1階にオープンしました。

50年以上(!)の果物の仕入れ経験を持つオーナーが、みずから市場で目利きしたフルーツを使用し、訪れる人に“本物の果物のおいしさ”を届ける同店。フルーツそのものも購入できるところは、さすが「果物屋さん」という感じです。

ズラリと並んでいるのは、さまざまな種類のズコット(イタリア伝統のドーム状ケーキ)。

見た目も華やかな、定番「ミックスズコット」や、みんな大好きな組み合わせ「チョコバナナズコット」。「本日のズコット」には、桃・マンゴー・ぶどうと旬のフルーツが盛りだくさんです。

断面に見えるぎゅうぎゅうのフルーツが魅力的すぎます!

フルーツ盛りだくさん!「果実園リーベル」CIAL横浜店のメニュー

今回はイートインで訪れました。

「果実園リーベル」の店内は、ナチュラルで落ち着いた雰囲気です。席数は60ほどあり、1席ずつがゆったりとしているのでリラックスして過ごせそう。

通路側の壁が天井までないのでほどよい開放感がありつつ、外の視線も気にならないのが嬉しいところです。

フルーツをめいっぱい楽しむデザートといえば、やはり筆頭にあがるのはパフェでしょうか。

「果実園」の看板メニューとして、創業以来愛されているのが「フルーツパフェ」です。グラスの中には、りんご・スイカ・キウイ・マンゴーなど約10種類の旬のフルーツと、季節のシャーベット&アイスクリーム。

こぼれ落ちそうなほどいちごが乗った「いちごパフェ」、メロンが贅沢に使われた「メロンパフェ」など、どれもこれもリッチでワクワクする仕立てです。

さらに、使用するフルーツは切り置きせずオーダーごとにカット。パフェのかさを増すためのコーンフレークは使わないなど、こだわりがたっぷりと詰まっているんだとか。

“果物屋さんの本気”が伝わってくるパフェに脱帽です。

スイーツにも軽食にもピッタリな、パンケーキやフルーツサンド、フレンチトーストなどもあります。

お買い物で歩き回って疲れた時でも、フレッシュなフルーツのメニューで元気になれそう。

いただけるメニューはすべてデザート系かと思いきや、お食事系も充実しています。

パスタだけでも、お店のおすすめ「カルボナーラ」や、ペペロンチーノ、和風パスタなど数種類がラインナップ。

さらに、ドリアやハンバーグ、カレーなどなど。「ローストビーフ」は、フルーツとローストビーフがコラボした、果実園ならではの一品です。

すべてのフードメニューには、サラダとフルーツがセットになっています。お店を訪れる人への「いつもフルーツを身近に感じ、おいしく食べてほしい」という気持ちが、こんなふうに形になっているんですね。

お食事やデザートとセットで注文できるドリンクバーは、+450円とリーズナブルです。女子トークが止まらない時に、気軽に何杯でもお替わりできちゃいますよ。

「果実園リーベル」CIAL横浜店のフルーツサンド!

今回は、果実園人気NO.1だという「フルーツサンド」をセレクトしました。

大きくカットされたキウイ、いちご、マンゴー、パイナップルがどーんと入っていて、テンションが上がります!

口に運ぶと、フルーツはどれも甘くジューシーで、まさに食べごろです。

生クリームはあっさりとして軽い食感。これには理由があり、フルーツひとつひとつの個性をしっかり感じられるように、クリームは口どけの軽い植物性を使っているんだそうですよ。

フルーツの盛り合わせはメロンが特に甘くて感動。口の中が甘ーくなった時に、サラダでちょっとお口直しできるのもポイント高いです。

「果実園リーベル」CIAL横浜店の店舗概要

今回は「果実園リーベル」CIAL横浜店を訪れました。

フルーツに対するこだわり、そしてそのフルーツを「おいしく食べてもらいたい」という思いが、いっぱいに伝わってくるお店です。

横浜駅直結とアクセスも抜群なので、ぜひ訪れてみてくださいね。

店舗名果実園リーベル CIAL横浜店
住所神奈川県横浜市西区南幸1丁目1-1 CIAL横浜 B1F
電話番号045-577-4757
営業時間10:00~21:00
※イートインはL.O19:00、close20:00
URL公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次