「カヤバヤ 横浜ランドマークプラザ店」お茶漬け屋さんが作る手作りおにぎりとサンドイッチ

2019年7月にオープン、横浜ランドマークプラザ5階オフィスタワー入り口にある「カヤバヤ」。

毎日店内で手づくりしているおにぎりと、こだわりのパンを使ったサンドイッチ、自家製スープとヘルシーなお弁当を楽しめるお店です。
店内に広々とした席がありますが、オフィスや公園、自宅でも楽しめるよう全品テイクアウト可能です。

お昼時には行列ができているこのお店、人気の理由が気になって立ち寄ってみることにしました。

お茶漬け屋さんのこだわりをそのままに、手作りおにぎりとサンドイッチを提供する「カヤバヤ」

横浜ランドマークプラザ5階、オフィスタワーに入ってすぐ正面に見える「カヤバヤ」。

2018年12月、茅場町にオープンした手づくりおにぎりとサンドイッチのお店「カヤバヤ」の2号店で、ランドマークプラザにオープンしたのは2019年7月です。

カヤバヤは、ランドマークプラザ1階に入っているお茶漬け専門店「こめらく」の新業態。
こめらくのこだわりをそのままに、「日常のごはんに、カヤバヤを。」というテーマで、日常に寄り添うおにぎりとサンドイッチをすべて店内で手づくりしています。

ちなみに、お茶漬け専門店「こめらく」の取材記事はこちら。

店内も広く、テイクアウトも可能なのでランチにおすすめ

たくさんの種類のおにぎりとサンドイッチがずらりと並ぶショーケースは、そのままテイクアウトできるカウンタースタイル。

トレーに好きなおにぎり、サンドイッチを乗せてレジカウンターで購入します。

店内でも食べることができますが、テイクアウトで購入されるお客様が多いそうです。立地柄、オフィスタワーに勤めるサラリーマンやOLさんが来店することが多く、この日もお昼時には行列ができていました。

サッとテイクアウトしてオフィスで食べるのも良し、横浜観光のおともに海辺の公園でほおばるのも良し、自宅に持ち帰ってゆっくり食べるのも良し。

どんなシーンにも合う手軽なおにぎりとサンドイッチは、すべて個包装になっているので、ドライブ中の車内でもお出かけ時のこどものおやつにも最適です。

カウンターで会計を済ましている間に、うしろのキッチンスタッフさんがスープを用意。レジカウンターのスタッフさんが食器類をトレーに乗せて、とても手早い提供です。

トレーを受け取り、自分で好きな席へ運びます。お水や食後のトレー返却もセルフサービスの、ファーストフードスタイル。消毒液スプレーも用意されていて心遣いを感じます。

混雑時は先に席を確保してから注文することをおすすめしますが、この日は午前中に訪れて空いていたので、先に注文と会計を済ませ、食事を受け取ってから席へ移動しました。

店内は奥行きが広く、ガラス張りの大きな窓が開放感のある明るい雰囲気。白を基調とした大理石調の壁はスッキリと清潔感を感じさせます。

壁に飾られた大きなおにぎりとサンドイッチの絵は、どこか懐かしさを感じるような温かみのあるタッチ。

控えめな照明とジャズピアノのバラードがゆったりと流れる店内は、落ち着ける空間となっています。

おにぎりとサンドイッチは日替わり

まず、向かって左手にはサンドイッチのショーケース。トレーを片手に、どれにしようか迷います。

スタッフさんに人気メニューを聞いてみると、一番人気はチキン竜田のサンドエビカツサンドオーロラソースも女性に人気でよく出ますとのこと。

ただ、毎日メニューが変わるので、その日によってよく出るメニューも変わるそうです。

オフィスタワーにお勤めのお客様が多いから、毎日来てくれるお客様にも飽きずに楽しんでもらえるように、いつも違うメニューを色々考えてお出ししているんです」とスタッフさんが教えてくれました。

例えばチキンという同じ素材でも、日によってソースや味付けを変えているとのこと。毎日通っても飽きない色々な味が楽しめるのも、カヤバヤの人気の理由のようです。

パン・お米、素材にかけるこだわり

サンドイッチは千葉県・行徳「BAKER’S PLACE」のシェフ番匠さん協力の特注パンを使用

また、メニューの豊富さだけではなく、パンにも秘密があるようです。

サンドイッチに使われている食パンは、千葉県・行徳にある大人気のパン屋さんBAKER’S PLACEのシェフ番匠さんに協力してもらった特注のパンだそうです。

サンドイッチに合う食パンの甘みや、しっとりもちもち感を研究・開発してもらったこだわりのパンが味わえることも人気の秘密です。

おにぎりはすべて発芽玄米入りのご飯を使用

さらに、おにぎりに使われているご飯はすべて発芽玄米入りのご飯。発芽玄米は、食物繊維やビタミンB群が豊富で、血糖値の上昇を抑えてくれる低GI食品です。

中性脂肪の吸収をゆるやかにして食事からのカロリーをカットする働きもあり、健康にもダイエット中のランチにも良さそうです。

おにぎりのおすすめは、定番の「さば」を使ったおにぎりと「枝豆と塩昆布」とのこと。素材のさば自体は定番だそうですが、味付けは毎日変わるので、来るたびにいろいろな味を選んで試してみる楽しみがあります。

手作りサンドイッチのおすすめメニュー

日替わりでたくさんの手作りサンドイッチがありますが、おすすめの4種類を紹介します。

エビカツサンドオーロラソース(236円+税)

エビカツサンドオーロラソースは、サクッと揚げたプリプリのエビカツがたっぷり。

サラリとした少し甘みのあるオーロラソースとシャキシャキのレタス、エビカツが抜群の相性で、食べごたえのあるサンドイッチです。

パンはしっとり自然な甘み。薄めにカットされているので、大きく口を開けすぎなくても食べやすく、具材をメインで味わえるサンドになっています。

薄めカットと言ってもパン自体がふわふわで、パンの美味しさもしっかり味わえます。

ふわっと柔らかくてしっとり、ほんのり甘みを感じるみずみずしい食パンは、サンドイッチにぴったりの美味しさです。

ちょっとピリ辛和風さばサンド (185円+税)

ちょっとピリ辛和風さばサンドは、名前の通りちょっとピリ辛です。丁寧にほぐした塩さばの唐辛子マヨネーズ和えときゅうりのスライス、レタスがサンドされています。

ひとくち目は塩さばの味わいですが、後味がピリリと辛くクセになりそうな美味しさ。脂の乗った塩さばがマヨネーズでさらにマイルドにととのえられていますが、シャキシャキレタスときゅうりがサッパリ感を与えてくれるので、全体的には軽い感じにまとまっています。

唐辛子がピリッときいた大人味のサンドです。

チキン竜田の香味ソースサンド(236円+税)

チキン竜田和風みぞれソースサンドは、カリッと揚げたチキン竜田を玉ねぎたっぷりの香味だれでサッパリといただけます。

レタスのシャキシャキ感も変わらず楽しく、チキン竜田を引き立てます。

レタスは食べやすいように細切りになっているので、食べた時にベラッと出て来てしまうこともなく、女性がオフィスで食べても上品に食べられそうです。

かつお節香る厚切りサンド (296円+税)

かつお節香る厚切りサンドは、肉厚なとんかつが主役のボリューム満点サンドイッチ。

マスタードがピリッとアクセントになっています。

キャベツの千切りととんかつの間にかつお節が入っていて、その名の通りかつお節が香り、とんかつとキャベツというシンプルな黄金コンビをサッパリ和風味に仕立てています。

おにぎりは、長い休みに突入した子どもたちとおやつに。

手作りおにぎりのおすすめメニュー

日替わりおにぎりは6種類食べてみました。

枝豆と塩昆布の混ぜごはん (185円+税)

「枝豆と塩昆布の混ぜごはん」は、枝豆のグリーンがキレイな見た目のおにぎり。
ほっくりした枝豆の食感と香りに、塩昆布の塩気がよく合う素朴な味わいです。

ふっくらもちもちの発芽玄米入りごはんと塩昆布からしみ出したうま味が食欲をそそる、人気No.1おにぎりです。

あさりバター醤油(185円+税)

あさりバター醤油は、開けた瞬間たっぷり乗ったあさりの見た目が嬉しいおにぎり。

バター醤油味がしっかりしみたあさりは、噛むたびに味わい深く、あさりの香りが広がります。バターが香る発芽玄米入りご飯とあさりの味わいが美味しいおにぎりです。

しそちりめんじゃこ混ぜごはん(185円+税)

梅しそのさわやかな酸っぱさとじゃこの塩気、わかめの香りがベストマッチの黄金トリオ。

たっぷりのごまが香ばしさをプラスして、ヘルシーな美味しさです。

豚そぼろのドライカレーおにぎり(185円+税)

豚そぼろのドライカレーおにぎりは、子どもも食べられる優しい辛さのカレー味。

スパイスの香りが食欲をそそります。ごはんとカレーの間違いなしのコンビは、お腹が減った時にもおすすめです。

角煮高菜のまぜごはんおにぎり(204円+税)

角煮高菜のまぜごはんおにぎりは、じっくり煮込んだ豚の角煮と細かく刻んだ高菜のほのかな酸味が絶妙なバランス。角煮の汁も混ぜこんでいるのか、ほんのり茶色のごはん全体にしっかりめの味がついています。

炙り鮭ほぐしおにぎり(157円+税)

最後に定番の炙り鮭ほぐしおにぎり。

炙り鮭と発芽玄米入りごはん、シンプルだからこそ素材の味わいを楽しめる、子どものおやつにも最適の鉄板おにぎりです。

スープのおすすめメニュー

テイクアウトでも店内でも食べられる熱々のスープは、お好きなおにぎりやサンドイッチとセットで、プラス324円(+税)とリーズナブルです。

今回は和風ブイヤベースを注文してみました。

和風ブイヤベース

和風ブイヤベースのスープは木目調であたたかみのある器に入っていて、レンゲはテイクアウト仕様の個包装で衛生的です。

熱々の和風ブイヤベースは魚介の良い香りが漂い、魚介のだしがしっかり出ている濃厚な味わい。それでいて和風のだしがさっぱりとした滋味深い味わいに仕上げています。

海老、イカ、あさり、白身魚などの魚介類がたっぷり入っていて、トマト、鶏肉、ブロッコリーもゴロゴロと具だくさん。

角切りのにんじんにとろりととろける玉葱の甘みも加わり、ほっとあたたまるスープです。

上に飾られたレモンのさわやかな酸味で後味はサッパリ。パセリの香りもほんのりします。

パンやサンドイッチに合いますが、和風のだしでおにぎりとも相性が良さそうです。

カヤバヤ 横浜ランドマークプラザ店の店舗情報

気軽なテイクアウトもできて、オフィスでも観光途中でも、春の行楽のお弁当やこどものおやつにもおすすめのカヤバヤ。リーズナブルな価格ながら、たくさんのこだわりとアイディアが詰め込まれています。

美味しさはもちろん、豊富な種類と、しっかり食べごたえのあるボリューム、ヘルシーなことも人気の秘密。

どんなシーンでも楽しめる手づくりおにぎりとこだわりのサンドイッチが、毎日飽きない品揃えで用意されています。
カヤバヤのいつもよりちょっと贅沢なおにぎりとサンドイッチで、オフィスランチや春の行楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗名カヤバヤ(手作りおにぎりとサンドイッチ)
横浜ランドマーク店
住所〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2−1
横浜ランドマークタワー 5F
営業時間11:00~17:00
電話番号045-264-6663
テイクアウト情報あり

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
横浜ランドマークタワーのおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
関連記事