有機野菜や無添加に徹底的にこだわるオーガニックカフェ「LEAFⅡ」自家製の商品も魅力たっぷり

ランチは外食に頼ることが多い方におすすめなのが、馬車道の南仲通沿いにある無農薬や有機栽培の食材だけを厳選したカフェLEAFⅡ(リーフ ツー)

自家製の食材だけを使ったオーガニックカフェで、今回いろいろ注文してみたので、その様子をレポートしていきます!

馬車道駅から徒歩2分、グリーンが印象的な「LEAFⅡ」

みなとみらい線の馬車道駅から徒歩2分くらいの場所にLEAFⅡはあります。馬車道周辺のお店はハマニアでもたくさん取材してきましたが、まだまだ隠れた名物店があるのに驚き!

外装は鮮やかなグリーンとホワイトがベース。植物を想起させる色で、自然に近い食材を使っている印象を与えてくれます。

LEAFⅡは、浦舟町の横浜橋通商店街にあるCafé Leafの2号店、というのが名前ん由来。Café Leafは2016年にオープンしたカフェで横浜市立大学付属市民総合医療センターの近く。そんな土地柄も無農薬や有機食材を使った料理のカフェというのはしっくりきますね。

一方で馬車道にあるLEAFⅡがオープンしたのは2019年1月とまだ最近。有機野菜を食材に用い、病気のない健康長寿を目指すというコンセプトなんだそう。

今回は夕方にLEAFⅡへ到着。ランチタイムは過ぎていましたが、店内には盛況。カフェということもあって、打ち合わせや休憩で利用されている方も多いようです。

内装も植物が至るところにあり、大自然のペンションにでも来た気分でわくわく。

「LEAFⅡ」のメニュー

メニューは6種類。1日20食限定の「日替わり発酵プレート」が目玉料理のようでしたが、今回は残念ながら売り切れ…残念。代わりに「みやじ豚と有機野菜のキーマカレー」を注文することにしました。各メニューにはドリンクも含まれており、コーヒーか紅茶を選択できます。

日替わりスープ

こちらが日替わりスープ。今日はコンソメ味のスープでした。

みやじ豚と有機野菜のキーマカレー

みやじ豚と有機野菜のキーマカレーです。インド料理店でもよく見かける料理ですが、食材にこだわりが。

十六穀米を含んだ発芽発酵玄米はもちろん、「みやじ豚」という藤沢市のブランド豚がキーマカレーに使われています。野菜もみずみずしい感じが見た目だけでも伝わり、口に入れてその新鮮さに納得。

コッテリしたところがなく食べやすく、女性に嬉しいボリューム感。
がっつり食事がしたい方は、オムライスもおすすめですよ。

有機バニラアイス

お次はデザートに注文した有機バニラアイスです。
中に入っているのはどんぐりのビスケット。さっぱり食べやすいアイスで、こちらも自家製なんだそうです。

ドリンクにもオーガニックのこだわり

合わせて注文した紅茶なんですが、ふと目をやると、

なんとガムシロップにも「有機栽培」の文字!とことんオーガニックにこだわっているのが伝わって来ますよね。

テイクアウトも可能

LEAFⅡはテイクアウトでの注文も可能です。
今回は料理ではなく、店内で販売されている商品を購入することにしました。

いずれも自家製で、タマネギも販売されていてびっくり。

注文したのはノンカフェインのコーヒーと先ほど食べたどんぐりビスケット。アイスクリームに入っていたのと同じもので、クッキーの中にどんぐり粉が入っているそうで素朴な味わいが魅力です。

こちらはどんぐり珈琲。ノンカフェインのコーヒーにどんぐり粉が入っているのだそうです。ペーパーバッグ式なのでコップだけあれば飲めるのも便利。

飲んでみると、ノンカフェインながらしっかりとコーヒーの味が出ていて大満足。

「LEAFⅡ」の店舗情報

馬車道の南仲通沿いにあるLEAFⅡの店内は風通しも良く、緑や白、茶色など自然を想起させる色を基調にした内装で、清潔感も◎。

食事で訪れても良し、ティータイムにのんびりと過ごすも良しな落ち着くお店です。ランチ用のコーヒーや紅茶以外のドリンクメニューも豊富なオーガニックカフェなので、ぜひ一度足を運んでみてください。

店舗名LEAFⅡ(リーフ ツー)
住所神奈川県横浜市中区南仲通3−37
電話番号045-228-9555
営業時間9:00~17:00 ※定休日 日曜日
テイクアウト情報あり
URL公式Instagram食べログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関内・馬車道観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事