修繕中横浜マリンタワーのライトアップ第一弾を早速見てきました!Youtubeでライブ映像も配信中。

現在横浜市は、横浜が元気になるように願いを込めて、修繕工事中の横浜マリンタワーのライトアップを行なっています。

このライトアップは2020年7月7日(火)~2022年3月末までを予定。
第一弾初日の7月7日に早速現地で見てきたので、ライトアップの概要と現地のレポートをまとめていきます!

修繕工事で休館中の横浜マリンタワーを活用、エールを送るライトアップ

開港100周年を記念し建設された横浜マリンタワーは、紛れもなく港町横浜のシンボル。

これまで地元横浜市民はもちろん、観光客の方々にも愛されてきた歴史あるタワーですが、塔体塗装等の修繕工事を行うため、2022年3月末まで休館中です。

横浜マリンタワーのライトアップは、この企画を通じて横浜にエールを送り、横浜マリンタワーの存在を若い世代にも知ってもらうこと、を目指した空間演出となっています。

また、ライトアップの様子はYoutubeでライブ配信されています。
※ライトアップ時間は18:00~24:00

横浜マリンタワーのライトアップ概要

実施期間2020年7月7日(火)~2022年3月末(予定)
ライトアップ時間18:00~24:00
第一弾7月7日(七夕)からは、
新型コロナ対応に奔走されている医療従事者の方々へ、
感謝とエールを送るブルーライトアップ
第二弾8月以降は光の色を増やし、動きのある演出も追加
URL特設WEBサイト

横浜マリンタワーのライトアップは、第一弾としてブルー、第二弾として光色の追加や動きのある演出を予定。

さらに特設WEBサイトと連動した参加型の企画も実施していくそうなので、続報が楽しみですね!

横浜マリンタワーのライトアップ第一弾レポート

ハマニアが第一弾ブルーライトアップ開始日、7月7日に現地で撮影したのがこちら。近くに来ると修繕の幕に覆われ、普段より一回りシルエットが大きくなっています。

上の写真は横浜マリンタワーの真下から撮影したものですが、綺麗なライトアップで、まるでタワー自体が発光しているようでした。

こちらは横浜港大さん橋国際客船ターミナルから撮影したもの。
実際にみると写真や映像よりも迫力があり、山下公園、氷川丸と並んだブルーのライトアップは横浜の街によく映えた美しい光景でした。

8月開始の第二弾では、色が増え、動きのある演出も加わるということなので、また随時レポートしていきます!

ちなみに大さん橋周りからの夜景はこちらでも紹介しています。

横浜マリンタワーの施設情報

横浜マリンタワーは1961年に横浜展望塔株式会社(当時)によって建設され、かつては東大としても活躍していたタワー。

一時は存続困難な状況になりながらも、市民のあつい声を受けて横浜市が取得、2009年にリニューアル、現在は塔体塗装等の修繕工事で休館中となっています。

施設名横浜マリンタワー
住所〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町15
URL公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
山下公園通り観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事