「丸祇羅 (マルマサラ)」関内から徒歩5分!ディープな一角にあるスパイスカレー店

横浜で人気のスパイスカレーのお店があるのは、関内の福富町。少しずれれば、昭和時代からの建物や雰囲気が残る一角です。

元々関内の常盤町で間借り営業していた「丸祇羅 (マルマサラ)」。2018年にオープンしたお店です。

現在の場所に移転してからも人気は衰えません。

今回は、スパイスカレー「丸祇羅 (マルマサラ)」を紹介します。

目次

スパイスカレー「丸祇羅 (マルマサラ)」はディープな街角に

スパイスカレー「丸祇羅 (マルマサラ)」があるのは、関内から歩いて5分ほどの福富町の一角です。

周りには昭和の風景が残るエリア。パブやスナックなどもあります。

昼間伺うと全く問題ないので、安心してくださいね。

営業は年中無休、ランチタイムのみです。ときどき休みますが、お休みの時は Instagramに情報がアップされます。

伺う前に一度チェックしておくと良いでしょう。

カリーが売り切れ次第終了です。

どこか懐かしい雰囲気のスパイスカレー「丸祇羅 (マルマサラ)」

階段から上を見上げると、ちょうど木のドアが見えてました。

上まで上がると「丸祇羅 (マルマサラ)」の入り口です。

店内に入ると、すでにランチを待つお客さんでいっぱいでした。

店内はスタッフさんがDIYで手作りしているそう。木のぬくもりが温かい雰囲気を醸し出します。

蝉の声が音楽でかけられているので、なんだか夏のひとときを思い出します。

手前は7〜8名ぐらい座れるカウンター席です。

一人でいらっしゃる常連さんのお客さんもいましたよ。

奥には大きなテーブルが一つ。

2名やグループの席となっているようです。

伺う前日にもカフェの改装をしていました。

余裕がある時に少しずつ手を加えているそうです。

スパイスカレー「丸祇羅 (マルマサラ)」のメニュー

伺った日のメインカレーは、アジアンポークカリー。

アジアンポークカリーには、パリップ、フェネルキーマ、チャトニ、副菜5種が盛られてきます。

パリップは豆カリーです。フェネルキーマは、フェンネルで香りづけられたキーマカリー。

チャトニは野菜や果物などを香辛料に漬けたもの。

これだけでもすでに十分な気もしますが、常連さんの注文はそれだけでは収まりません。

いろいろなカリーを合わせると、さらに旨味が広がるスパイスカリー。牡蠣えびカリー・カブチキンカリー・ブロッコリーお魚カリーを追加注文することができます。

「丸祇羅 (マルマサラ)」では、初めて来店した人に丁寧に案内をしてくれます。平日限定、きのこと生姜のスパイス蕎麦もおいしいですよと説明してくれました。

トッピングの味玉はすでに売り切れ。ホタテのアチャールは「味変したいなら、スタッフ一押し」と教えてくれました。お話伺ううちにどれも食べたくなりましたが、そこはチョイス。

横で常連さんの全のせ注文を聞きつつ選びました。カリー全部を追加することもできますよ。

カリーや副菜の種類は季節ごとによって変わります。定期的に訪れて食べたくなるお店ですね。

「丸祇羅 (マルマサラ)」でスパイスカリーを堪能

今回は、アジアンポークカリーとホタテのアチャールを注文しました。

平たいお皿に丁寧に盛られたスパイスカリー。

スパイスカリーは見た目にもおいしそうですよね。

副菜の5種類はご飯の上にのっています。

ご飯はもちろんバスマティライス。

細長くサラッとした食感のご飯です。

ホタテのアチャールは実と貝柱がのっかっています。

奥がキーマカリーで手前はパリップ(豆カリー)です。

スパイスカリーは副菜やキーマ、パリップ、アチャールなどを混ぜながらいただきます。

柔らかく煮込まれた豚肉に香辛料の香りが口の中に広がりますよ。

アチャールは辛さもあるので、味を変えたいときにもおすすめです。別のカリーを注文したときも、混ぜ合わせます。

最後はチャイでほっとひと息。おすすめは黒糖バナナラッシーでしたが、好みで選びました。ドリンクメニューも豊富なので、ぜひ試してみてください。

「丸祇羅 (マルマサラ)」の店舗情報

「丸祇羅 (マルマサラ)」があるのは、福富町のビルの一角。関内から歩いて行けるので、桜木町あたりのお出かけにも◎。

平日でも待っているお客さんがいました。時間には余裕を持って伺うとよさそうです。メニューの説明を詳しくしてくれるので、スパイスカリーが初めてでも安心。

最新情報は公式Instagramで公開されています。当日のメニューなども確認できますよ。

また、姉妹店もあるので要チェック。夜はKing Rotiさんが営業しています。King Rotiでは、ナチュラルワインとビリヤニが味わえます。

これからも活躍が楽しみな「丸祇羅 (マルマサラ)」さん。横浜のディープな街並みを楽しみながら、ぜひ訪れてみてください。

店舗名丸祇羅(マルマサラ)
住所神奈川県横浜市中区福富町仲通4-2一和ビル3F
電話番号不明
営業時間月〜日 11:30〜15:00
定休日年中無休 ※不定休あり
URL公式インスタグラム

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次