桜木町・野毛の老舗「もみぢ菓子司舗」で春らしさ溢れる和菓子をテイクアウトしてみた!

桜木町駅から徒歩3分、野毛柳通り沿いにお店を構える老舗の和菓子屋さん「もみぢ菓子司舗」。

今回はこちらで絶品和菓子をテイクアウトしてきたので、その様子をご紹介します。

目次

70年以上続く老舗「もみぢ菓子司舗」

「もみぢ菓子司舗」は野毛で70年以上も続く老舗の和菓子屋さん。
昭和チックな外観もノスタルジー感が満載で素敵です。

最近は新しいお店も増えてきましたが、昔ながらのお店が残っているのは嬉しいですよね!

「もみぢ菓子司舗」のある野毛柳通りは、赤い提灯が飾られた野毛らしい通り。
大道芸なども行われる、野毛の雰囲気を満喫できる道なんです。

歴史を感じられる「もみぢ菓子司舗」の店内

まるで昭和の和菓子屋さんにタイムスリップしたような店内も良いですよね。
神奈川県指定銘菓のどら焼きで有名な「もみぢ菓子司舗」の店内には、たくさんの賞状が並んでいたりと、歴史を感じる空間に。

2012年には食べログのベストスイーツにも選ばれるほどの名店です。

ちなみに店先には、こんな可愛らしい宣伝ポスターも。
本町小学校の子供たちが書いているそうで、地元の方々にも愛されているお店ということがわかってなんだかほっこり。。

魅力的な和菓子がいっぱいの「もみぢ菓子司舗」

お店の真ん中に置かれたショーケースにすらりと並ぶ和菓子。
季節ものの和菓子もちらほらあり、四季折々の和菓子を味わえるのも和菓子の魅力だなあと感じます。

おだんごのサイズは大きめで満足感がありそう。

神奈川県指定銘菓となっている大銅鑼焼(どらやき)。
大変有名な横浜の銘菓なので、お土産にも最適ですよ!

中のあんこはくろ餡としろ餡の2種類となっています。

写真があまりきれいに映らないほど、日差しが反射する天気の良い日で、春風を感じながら和菓子を覗いてました。

桜餅は「焼皮」「道明寺 こしあん/つぶあん」とバリエーションも多いので、好みやその日の気分で違うものを選んで見ても楽しそう!

春らしさ溢れる和菓子をテイクアウト

今回は「桜餅(つぶあん)」と「うぐいす餅」をテイクアウトで注文。
春らしいラインナップにしてみました。

ちなみに包み紙はこんな感じ。
店名にもなっている紅葉が散っていて、深みのある色あいも素敵ですよね。

桜餅(つぶあん)

柔らかいさくらの葉に包まれた「桜餅」。
中にはつぶあんがたっぷり入っていて、ほんのりと感じる塩気も美味しい一品でした。

うぐいす餅

続いて「うぐいす餅」。
薄ーいお餅の皮の中にぎっちり詰まったこしあんが素晴らしいですよね。

甘さ控えめのとっても美味しいあんこと、ふんわりとしたうぐいす粉の相性が抜群な逸品でした。

「もみぢ菓子司舗」の店舗情報

今回ご紹介した、季節の和菓子が楽しめる「もみぢ菓子司舗」は、古き良き街並みの“野毛柳通り”にお店を構えています。

桜木町駅から徒歩3分とアクセスもいいので、歴史ある野毛付近の観光と合わせて訪れてみるのはもちろん、地域の方々に愛されてきた銘菓をギフトとしても素敵。

この機会にぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗名もみぢ菓子司舗
住所神奈川県横浜市中区野毛町2丁目64
電話番号045-231-2629
営業時間【月~土】10:00~21:00
【日・祝】10:00~17:00
定休日第3水曜日
テイクアウト情報あり
URL食べログ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次