みなとみらい駅直通!「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」9月25日グランドオープン!先行販売も

ニュウマン横浜で横浜エリア初進出をして以来、変わらず大人気の「ブルーボトルコーヒー」がついにみなとみらい駅にもやってきます

記念すべき横浜エリア2号店は「MARK IS みなとみらい」、2020年9月25日(金)にグランドオープンします。

ブルーボトルコーヒー初の公園を活用した広々空間

横浜美術館の目の前にオープンする「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」。
カフェ前のスペースにはブルーボトルコーヒージャパン初の、公園を活用した屋外シーティングが広がります

お店は開放的なガラス張りになっていて、ウッド素材や円形のインテリアで心地よい空間づくりがされています。
この素敵なカフェデザインは、「芦沢啓治建築設計事務所」が担当。

カフェのあるエリアを公園としてとらえ、中心にシンボルツリーとして建てられたカフェ、その木陰で訪れた人がゆったりと過ごせるような空間デザインになっています。

「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」のためだけにデザインされたこだわりのインテリア

「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」に使われている家具は中央の大きな円形カウンターからチェアに至るまで、みなとみらいのコンセプトに合わせてデザインされたカリモク家具によるオリジナル

その中でもテーブルやチェアなどのアイテムは今後「カリモクケーススタディ」のコレクションとして製品化される予定なんだそう。
こんなインテリアや素材にこだわった素敵な空間でゆっくりと過ごせるなんて、なんだか特別な感じがしますよね。

また、カフェのオープン時には一部家具の予約販売も予定してるそうなので、気になった方は家具を見に「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」に訪れるのもいいかもしれません。

「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」こだわりの商品

「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」では丁寧にハンドトリップしたコーヒーやエスプレッソドリンクはもちろん、アメリカ発祥の新感覚ドリンクのまるでビールのような見た目の「ブルーボトルコーヒー ペールエール」も販売

注文してから焼き上げるこだわりの「リエージュ ワッフル」や、オープンサンドなどのブランチにぴったりな軽食が販売されます。

「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」先行販売商品

「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」ではオープンに際してグッズの先行販売も。

ブルーボトル ゴー ボトル 5,400円

「RevoMax」とコラボした「ブルーボトル ゴー ボトル」。

長時間の保温保冷性能を持ち、コーヒーをフレッシュな状態で持ち運べるほか、炭酸の内圧を逃す仕組みを採用することで、コーヒーぺールエールなど炭酸のドリンクの持ち運びにも適した便利なボトルです。

片手で簡単に開閉できるので、スポーツなどのシーンにも活用できちゃいます。

 ブルーボトルコーヒーのオリジナルカラー「清澄グレー」のキャップとロゴが控えめに入ったシンプルなボトルは、ビジネスシーン・プライベートでも持ち歩きたくなるようなデザインの商品。

コーヒーキャンプマグ バイ ツバメ 3,200円

ものづくりの町、新潟県燕市で「不変で不偏」をコンセプトにオリジナルのプロダクトを開発している「GLOCAL STANDARD PRODUCTS」の、”TSUBAME”シリーズとコラボした琺瑯マグカップ

琺瑯(ホーロー)は金属にガラス質の釉薬を焼付けたもので、汚れやにおいがつきにくく、洗いやすくお手入れがしやすいのも良いポイント。

燕三条にある工房にて、一点ずつ丁寧に職人の手によって作られているそう。
自宅やオフィスはもちろん、アウトドアでも使えちゃう便利なマグカップです。

「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」の店舗詳細

今回「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」がオープンするMARK IS みなとみらいは駅直結でアクセスも抜群。

こだわりぬいた開放的な空間「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」で、ゆっくりコーヒータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗名ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ
オープン日2020年9月25日(金)
住所〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい 3-5-1
MARK IS みなとみらい GL 階
営業時間8:00–20:00
テイクアウト情報あり
URL公式サイト/公式Instagram

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
みなとみらい観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事