山下公園前「PENNY’S DINER」で度肝を抜くサイズの本格ハンバーガーをテイクアウト!

国際客船ターミナルのある大桟橋の近くには、港町横浜らしく外国料理の店が立ち並んでいます。ハマニアで以前紹介したデンマーク料理のスカンディヤハワイ料理のサンアロハと同じく横浜貿易会館にあるアメリカンダイナーのお店が「PENNY’S DINER(ペニーズダイナー)」です。

今回PENNY’S DINERで本格ハンバーガーをテイクアウトしてみたので、早速レポートしたいと思います!

アメリカを一周したオーナーさんが開いたPENNY’S DINER

PENNY’S DINERが営業を開始したのが2016年。アメリカを一周したというオーナーさんがしたためていたアメリカンダイナーの構想を実現したのがPENNY’S DINERです。今回訪問したのがお昼でしたが、夜になるとアメリカらしい派手なネオンサインでライトアップされます。

PENNY’S DINERが提供するのは、アメリカ料理。とくに本格的なハンバーガーが数多く用意されています。ボリュームもアメリカ規格で、日本人が1人で食べきるのは結構大変なくらい。

まさにアメリカンダイナーを極めたお店で、外国人が昔から往来する港町横浜らしさが感じられるお店です。

PENNY’S DINERは日本大通り駅から大桟橋に向かって2分、山下公園近くに。

みなとみらい線の日本大通り駅から大桟橋のほうに向かうと、2分ほどで時代を感じさせる横浜貿易会館の建物が。その一角にPENNY’S DINERが見えてきます。

2016年と比較的最近オープンしたこともあり、歴史ある横浜貿易会館にありながら、PENNY’S DINER部分は綺麗にリノベーションされています。

店内だけでなくテラス席でも食事が可能。天気はいい日はテラス席で食事するのもおすすめですが、今回はテイクアウトを選択。

メニューを確認すると、ハンバーガーの種類がとても多いですね!
トッピングも追加できるようで、ハワイ風からメキシコ風までアメリカ全土で出てきそうなものばかりです。

オーナーさんにテイクアウト可能か確認すると、20~30分ほど待つとのことでしたが、実際には10分程度で料理が到着しました。よかった。

袋に入ったハンバーガーのセットをもって、陽の当たる山下公園近くで食事することに。

テイクアウトでも大満足!度肝を抜くサイズの本格ハンバーガー

袋の中には結構大きな段ボールが。ハンバーガーとポテトが入っています。

箱を開けるとこんな感じ!ポテトも、ハンバーガーに劣らず量がたっぷりで、思わずピクニックに持って行きたくなるようなセットですね。

シカゴバーガー

こちらが注文したシカゴバーガー。アボガドやビーフがとにかく大きい!
味はもちろんのこと、トマトだけでも1口で食べきれないほどの量。これだけ量が多いにもかかわらず、具材がバラエティに富んでいるので、飽きることはありません。

こちらがコーヒー。写真だと分かりにくいかもしれませんが、ドリンクも巨大サイズ!シロップとフレッシュは3個ずつ必要なくらいの量です。

箱の底には、英字新聞のような紙が敷いてあっておしゃれ。文字は反転して印刷されていますが、よく見ると横浜の旅行ガイドのようです!
細かい部分まで工夫が凝らされていて、楽しめますね。

PENNY’S DINERの店舗情報

PENNY’S DINERにいたオーナーさんは腕にタトゥーのある見た目もアメリカンな方で一瞬ドキッとしましたが、アメリカ本土でダイナーを運営しているかのようなナイスガイ。テイクアウトの料理と一緒におまけでお菓子を渡してくれたときの笑顔が素敵でした。

食事の量が多くアメリカらしい雰囲気に溢れたお店で、アメリカに行ったことのある方は懐かしさを覚えるかもしれません。店内で食事を待つのもよし、テイクアウトで持ち帰ってゆっくりいただくのもよし。ぜひ訪問してみてください。

住所〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目1
貿易協会ビル
電話番号045-228-7742
営業時間11:30~17:00
※定休日 月曜日
テイクアウト情報あり
URL公式サイト

同じく横浜貿易会館に入っている「スカンディヤ」「サンアロハ」について詳しくはこちらをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
山下公園のおすすめ情報
日本大通り観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事