ピエトロ発スープ専門店!「PIETRO A DAY」横浜ベイクオーター店の、1日がhappyになるスープ

2020年4月、横浜ベイクオーター3階にNew Openした「PIETRO A DAY」は、あの有名なドレッシングの「ピエトロ」が2019年に立ち上げたばかりの新ブランドで、スープの専門店なんです。

「1日がhappyになるSOUP」をコンセプトに、ひとつひとつに素敵なテーマがあるスープ、パスタソース、おなじみのドレッシングから、ここでしかお目にかかれない限定商品まで取り揃え、見ているだけでも楽しい気分にさせてくれるお店。

スープやソースを一袋から買って帰ることができますが、今回はほっこり落ち着く可愛いカフェスタイルの店内で「1日がhappyになるスープランチ」と新食感の「スープラテ」をいただいてきました。

早速レポートをお届けします!

「PIETRO A DAY」は横浜ベイクオーター3階にオープン

横浜ベイクオーター3階、そごう側連絡橋からまっすぐ直進したところにあるカルディの向かいに、2020年4月にNew Openしたばかりの「PIETRO A DAY」。

有楽町・溝の口・天神(福岡)の3店舗があり、横浜ベイクオーター店は4店舗目、最大規模の店舗です。

シンプルなロゴながらも大きな「D」の字がくるっと横を向いた、ちょっと印象的な看板が目印。

今回取材に応じてくれた店舗マネージャーを兼任されているピエトロ本社の菅さんに由来をお聞きしてみたところ、この横向きの「D」の字は「スープのカップ」をイメージしているそうです。

なるほど!
ちょっと笑っている顔の口の形にも見えて、可愛らしいデザインですよね。

スープ1つ1つに込められた、それぞれのストーリー

入り口を入ってすぐ左側の商品棚には約20種類のスープたちがズラリ。
産地や安全性にとことんこだわった厳選素材のみを使用し、皮の湯むきやカットなど、ひとつひとつ人の手で行うという手間ひまかけたスープは、どれもレトルトとは思えない本格仕様です。

創業40年のピエトロの確かな美味しさをギュッと詰め込んだスープが、温めるだけの簡単調理で楽しめるなんて、食べてみたいに決まってます!

そしてさらに楽しい気分にさせてくれるのは、スープ一つ一つに込められた食べる時のストーリー。

遅く帰った日のSOUP

リセットしたいときのSOUP

ほっとするSOUP

ココロとろけるSOUP

  • 「1日がhappyになるSOUP」
  • 「ほっとするSOUP」
  • 「がんばれちゃうSOUP」
  • 「遅く帰った日のSOUP」
  • 「おつかれさまのSOUP」
  • 「ココロとろけるSOUP」
  • 「真っ白な気持ちになれるSOUP」
  • 「しあわせはじけるSOUP」
  • 「ありがとうのSOUP」

などなど、スープそれぞれには生活に寄り添うストーリーが当てられているんです。その日の気分に合わせて選べるスープがある毎日を想像すると、なんだかワクワクしてきませんか?

「PIETRO A DAY」横浜ベイクオーター店の物販コーナー

店内には「1日をhappyにするスープ」がコンセプトの、たくさんの個包装スープやパスタソース、ドレッシングが並び、見ているだけで「美味しそう~!」「わ!コレ食べてみたい!」と楽しい気分にさせてくれます。

ピエトロオリジナルのパスタやRe食器というリサイクルの取り組みで作られた素朴な味わいの食器や可愛いグッズも購入することができるので、新生活を始めるお友達に一式贈っても喜ばれそう。

「PIETRO A DAY」横浜ベイクオーター店のイートインスペース

明るい色調の木造りで可愛らしい雰囲気の店内には、イートインスペースが約20席あります。

2人がけが3席、

4人がけが2席、

大きなテーブルをぐるっと囲むようにあるカウンター席が6席。
どの席もゆったりしていて、リラックスして食事を楽しむことができます。

「PIETRO A DAY」横浜ベイクオーター店のカフェメニュー

「PIETRO A DAY」横浜ベイクオーター店のカフェメニューは

  • ENJOY SOUP MENU
  • SET MENU
  • DESSERT MENU
  • DRINK MENU

などなど盛りだくさん!
店内イートインでは全種類のスープとカフェメニューが楽しめます。

店内物販コーナーで販売されている商品だけでなく、カフェメニューのテイクアウトもOKなので、店内で実際に食べてみて美味しかったスープや気に入ったドレッシングをお土産に買って帰るのもおすすめ。

キッズプレート(本日のキッズスープ+バゲット)300円もあり、店内にもベビーカーでそのまま入れるので、お子様連れでもいけるのが嬉しいところですね。

「PIETRO A DAY」横浜ベイクオーター店でおすすめスープを体験

せっかくなので、まずはイートインで熱々のスープをいただいてみることに。スタッフさんにおすすめを聞いてみると「一番人気はやっぱり“1日がhappyになるセット”です」ということで、早速注文しちゃいます。

もうひとつ、メニューを見て気になっていた「スープラテ」について聞いてみると、温かいスープに、きめ細やかに泡立てたフォームミルクをのせたもので、カフェラテのスープ版のようなものだそう。こちらも試してみることにしました。

熱々のオニオングラタンスープと新鮮サラダ「1日がhappyになるセット」

「1日がhappyになるセット」は、鉄のスープ皿に入ったオニオングラタンスープがまだグツグツ言っているくらい熱々の状態で運ばれてきます。

あめ色になるまでソテーしたたまねぎのうま味と甘みが活きた、シンプルながらも奥深い味わいのたまねぎスープに、表面をカリッと焼いたパン、とろーりチーズがたっぷり。

とろとろに煮込まれた玉ねぎの甘みとほんのり香るブラックペッパー、チーズの塩気が抜群の相性で、思わず笑みがこぼれてしまう美味しさ。

スープが染み込んだパンを口に入れると、じゅわっとあふれる玉ねぎスープの味わいに、とろーりチーズの口当たりがまたなんとも幸せ気分にしてくれます。

単品でも注文できるバゲットは、細長い雑穀のセミハードなバゲット。

そのまま食べても、もちもちとした食感で香ばしく、ほんのり甘みを感じられる美味しいパンですが、スープに浸すとこれがまた優秀。

パン生地がすばやくスープを吸い上げ、皮の食感を残しながら、ふやけすぎずにいただけるちょうど良さが、スープにピッタリのバゲットです。

セットの新鮮サラダは、具材の豪華さにびっくり。

もち麦、枝豆、キヌア、クラッシュアーモンド、ほんのりバジルを感じる可愛いリボン型のマカロニ、ぶどうのようなものも乗っています。

細切りのにんじん、ムラサキキャベツ、シャキシャキのレタスの上にたくさんの具材がどっさり乗っていて、セットのサラダとは思えない贅沢なサラダです。

食べてみると、「あっ、さすがピエトロ!」フレンチドレッシングが本当に美味しいんです。酸っぱいけれど酸っぱいだけじゃない、爽やかで具だくさんの奥深い味わいに感嘆。

ドレッシングが美味しいと、それだけでサラダもごちそうに変身してしまいますが、こちらは更に具材まで豪華なのでこれでもかというくらい満足度の高いサラダです。

もち麦やキヌアのプチプチとした食感に、カリカリのアーモンドの香ばしさ、ほくっとした枝豆にシャキシャキの新鮮野菜。

「1日がhappyになる」というその名の通り、大満足のセットです。

はじめての「スープラテ」にほっこり。北海道産かぼちゃのポタージュのスープラテ

スープラテは、菅さんと一緒に対応してくれたスタッフのお姉さんおすすめのかぼちゃのスープラテを注文しました。

「まずはそのまま飲んでいただいて、そのあと全体をよくかき混ぜてお召し上がり下さい」とアドバイスをもらったので、その通りにまず一口。

ふわしゅわっとしたきめ細やかなミルクフォームの優しい口当たりと、その下からかぼちゃスープのストレートな味わい。

2層の美味しさを楽しんだら、次は全体をよく混ぜます。

暖かなかぼちゃの黄色と真っ白な泡がマーブルになりながら混ざっていく様子もとってもキレイで楽しいスープラテです。

全体が混ざると、ふわふわの泡もかぼちゃ味に変わり、スープそのものがふわふわになったような不思議な感覚で、先ほどとはまた違った優しい口当たりのスープを楽しめます。

あまりの美味しさに戸惑っているとスタッフさんが「北海道産の”あまほく”というかぼちゃと、塩しか使っていないシンプルなスープなんです」と美味しさの秘密を教えてくれました。

かぼちゃそのものの素朴で優しい味わいに、ふわふわのフォームミルクの口当たりがなんともまろやかで、ほっとする美味しさ。

素材本来の甘みや味わいを活かしたスープにふわふわラテのミルクフォームをたっぷりとのせたスープラテは、是非一度試してみて欲しい一品です。

「PIETRO A DAY」横浜ベイクオーター店の限定スープ&ドレッシングをテイクアウト

食後にどうしても家に買って帰りたくなって、お土産を本気で物色してしまいました。

購入して帰ったのは、横浜ベイクオーター限定販売の「みなとが好きな人のSOUP(横浜チャウダー・オマール海老のビスク仕立て)」、菅さんおすすめの「たまねぎフレンチドレッシング」、こちらも限定商品で売切御免の「おうちパスタ和風」です。

みなとが好きな人のSOUP

「みなとが好きな人のSOUP」は、商品コーナーで説明をしてくれたスタッフのお姉さんのイチオシスープ。

「PIETRO A DAY」横浜ベイクォーター店限定商品で一番人気の実力通り、自宅で食べてみたら本当に美味しい!

海老のうま味と甘みがギュッと凝縮された濃厚でクリーミーなビスク風チャウダーは、パンと食べれば本格高級フレンチの贅沢な一皿のようでした。

おすすめしてくれたスタッフさんは「たくさんの種類があるので、入ってから色々勉強したんです」とにっこり。

たまねぎフレンチドレッシング

ピエトロのドレッシングには驚くほどたくさんの具材がゴロゴロ入っていて、商品を見ている時に菅さんが見せてくれたオリーブドレッシングの底にも一面にオリーブがゴロゴロしていました。

今回購入したフレンチドレッシングも、底面をうめつくす玉ねぎに「ボトルの半分はたまねぎなんじゃないか」と思ってためしにパッケージを剥がしてみると…本当に半分は玉ねぎでした!

菅さんが「全部“生”ドレッシングなので、賞味期限は短いけれど、その分たっぷりの生具材が入っているからこその美味しさを楽しめます」と話してくれた通り、この具材たっぷりドレッシングがたまりません。

夕食のサラダにかけてみると家族も大喜び。このドレッシングがあれば、野菜を毎日たくさん食べられそうです。

プレゼントやギフトにもピッタリ!まごころ伝わる贈り物

ドレッシングもパスタソースも、買って帰ればおうちでも「毎日がhappy」に。

もらった人が幸せな気持ちになるようなストーリーと言葉が一緒になった可愛いパッケージのSOUPは、プレゼントにもピッタリ。

「感謝の気持を贈るSOUPパック」などセットになっているものもありますが、ひとつずつスープを選び、オリジナルギフトにすることも可能です。

ギフトラッピングも充実していて、お店から発送もしてくれるそう。

「THANK YOU」「HAPPY BIRTHDAY」のカードや直筆メッセージを入れてもらうこともできるので、色々なお祝いシーンで活用できそうですね!

通信販売でも人気のピエトロですが、ここ横浜ベイクオーター店では「通信販売限定商品」の店頭取扱もあり、今までは通販でしかお目にかかれなかったパスタソースなどの商品を直接手に取って見ることができます。

一袋から気軽に購入できるのも、店頭ならではの魅力かもしれませんね。

「PIETRO A DAY」横浜ベイクォーター店の店舗情報

一品一品にストーリーがあり、その日の気分によって選ぶ楽しさがあることも嬉しい、「PIETRO A DAY」横浜ベイクォーター店の1日がhappyになるスープ。

こんなスープやパスタソースがたくさんあったら、毎日「今日はどれにしようかな」と考えるだけでもワクワク、食べて満足、とってもhappyな毎日になること間違いなしです。

ピエトロの想いが詰まったスープを味わうために、ぜひ一度、足を運んでみてください。

店舗名「PIETRO A DAY」横浜ベイクォーター店
住所〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町1−10
横浜ベイクォータ 3階
電話番号045-620-2160
営業時間10:00~20:00
※L.O. 19:30/ドリンク L.O. 19:30
テイクアウト情報あり
URL公式サイトオンラインショップ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コラム「なかのひとに聞いてみた」をもっと読む
横浜ベイクォーターのおすすめ情報
横浜駅周辺観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事