横浜高島屋、廃棄間近のパンから作った環境にやさしい発泡酒「RE:BREAD」8/18~販売開始!

約40ブランド500種類以上の品揃えを誇るパンのセレクトショップ、横浜高島屋 地下食品エリアのFoodies’ Port2内「ベーカリースクエア」
1日1万個以上を販売すると同時に、売れ残り間近の商品の冷凍販売や廃棄商品の堆肥化による循環型農業への参画など、環境に配慮した取り組みを行っています。

今回新たな取り組みとして、廃棄間近のパンを原料とした発泡酒「RE:BREAD」の販売を2021年8月18日(水)から開始!
早速詳しくご紹介していきます。

食品ロスを削減!環境にやさしい発泡酒「RE:BREAD」

日々発生するロスパンを乾燥させ、細かく砕き、糖化の工程で麦と一緒に加熱し、発泡酒の原料に加工して作られている「RE:BREAD」。
「RE:BREAD」(330ml)200本につき、本来使用する麦の23%をパンで代用しているんだそう。

発芽していない小麦を原料に使う白ビールの一種である“ホワイトエール”のビアスタイルで醸造していて、パンにも合わせやすい苦みの少ないやさしい味わいに仕上げた商品となっています。

「ON TAP 江戸東京ビール」協力のもと製品化に成功

「RE:BREAD」は、発泡酒製造許可を取得している「ON TAP 江戸東京ビール」協力のもと製品化に成功しました。

2018年にオープンした「ON TAP 江戸東京ビール」は、日々併設の醸造所で作られる出来たてのクラフトビールを提供する人気のビアパブ。
いったいどんな味がするのかワクワクしてきちゃいますよね!

「RE:BREAD」の販売詳細

RE:BREAD(発泡酒・330ml)693円
販売場所・横浜高島屋 地下食品「Foodies’ Port2」和洋酒売場
・横浜高島屋 地下食品「Foodies’ Port2」ベーカリースクエア

横浜高島屋「Foodies’ Port2」の施設情報

今回ご紹介した環境にやさしい発泡酒「RE:BREAD」が手に入るのは横浜駅直結の地下街エリア、横浜高島屋「Foodies’ Port2」だけ!
アクセスも大変よく、お出かけついでやお仕事帰りにも立ち寄りやすいです。

「RE:BREAD」は話題性も抜群な商品なので、おうち時間の充実やお酒好きの方へのプレゼントにしても素敵かも。
この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

施設名横浜高島屋「Foodies’ Port2(フーディーズポート2)」
住所神奈川県横浜市西区南幸1丁目6番31号
営業時間10時~21時※「hama-pla」は平日8時~21時、土日祝10時~21時
テイクアウト情報あり
URL公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
横浜駅周辺観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!

横浜が大好きなメンバーが集まったハマニア編集部。 毎日横浜の魅力を発信しています!

横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事