横浜ハンマーヘッドの和カフェ「茶寮 伊藤園」で涼を味わってきました!

横浜ハンマーヘッドの1F、ドリンクスタンドが立ち並ぶ中で、ほっと一息がつけそうな場所「茶寮 伊藤園」横浜店

今回の取材は猛暑日だったというのもあり、アイスのお茶で存分に涼をあじわってきたのでご紹介したいと思います。

「茶寮 伊藤園」横浜店について

 “お茶を通じて日本の「和」を伝え、お茶を身近に感じられる場所” をコンセプトとした「茶寮 伊藤園」横浜店。

茶道のお点前で使用される本格的な抹茶や、こだわりの茶葉を使用したいれたての緑茶のほか、抹茶ティラミスラテ、抹茶ソーダといった個性的なドリンクも販売。

また、店内で焼き上げた抹茶入りワッフルコーンを使用したソフトクリームといった和スイーツにも力を入れたメニューになっています。

手書きの看板も発見!朝顔があしらわれていて夏を感じます。
セットで頼むと50円引きになるお得なメニューもありますよ。

お茶のギフトや湯呑などの販売も

「茶寮 伊藤園」横浜店は、国内外からの観光で訪れる人の多い「客船ターミナル」という施設の立地特性に合わせて、オリジナルのお茶ギフト日本文化を感じられる茶器なども販売しているんだそう。

店頭には綺麗にディスプレイされたお茶のギフトが並んでいて、

商品受け取りの場所の近くには「泉州焼」の商品が並んでいました。
商品を待ってる間に眺めて待っていたんですが、澄んだ綺麗な青色で思わずうっとり。

“和”だけど新しい「茶寮 伊藤園」横浜店店内の様子

「茶寮 伊藤園」横浜店の店内は直線的なデザインが多く使われていて、和室のようでいて新しさも感じる和モダンな内装。

席数は36席と、ゆったりと座れる空間になっています。

壁にはちぎり絵のようなイラストは、よく見てみると富士山や茶畑の風景画になっています。
遠目からみると、座席の色も含めて夕焼けのようなグラデーションに見えるのも風情があって素敵に感じました。

まんまるのランプ。
花のつぼみのようで可愛らしいですよね。

通路側の一番目立つところには茶屋らしい席も用意されています。

中央のカウンター席には、「お~いお茶」を購入した際についつい見てしまう俳句の傑作作品集や、

お茶にまつわる書籍が配置されていて、自由に読むことができます。
お茶の世界にどっぷりとつかれるような素敵な配慮を感じました。

机の側面にはUSBポートが二口。
飲食の最中にちょこっと充電もできるようになっています。

「グリーンティー」と「香りぜっぴん(煎茶)」を注文

今回注文したのは「グリーンティー」と「香りぜっぴん(煎茶)」
どちらもアイスでオーダーしてみました。

ほんのり甘い「グリーンティー」

まずはこちら、濃い緑が美しい「グリーンティー」。
点てる際に出る泡まで淡い緑色で、コントラストが綺麗ですよね。

まず注目したいのが味の濃厚さと深み。
お茶の香りが鼻にスーッと抜けていきます。

渋みや苦味が強いのかと思ったらそんなことはなく、むしろ後味はほんのり甘い。
まろやかなのにスッキリとしていて、猛暑の昨今でもゴクゴクいけちゃいます。

茶葉のうまみの全てがいっぺんに味わえるような一品でした。

香りとスッキリさがまさに絶品「香りぜっぴん(煎茶)」

明るい黄緑色と透明さが綺麗な「香りぜっぴん(煎茶)」。

中に漂っている細かな茶葉も風情があっていいですよね。

飲んでみると、香り高さに驚き!
一口目は茶葉を直接かいだような爽やかな香りが広がります。

アイスなのにしっかりと深みがあって、透明感のある味。夏にぴったりのお茶でした。
濃い味の食後などにもおすすめの一品です。

「茶寮 伊藤園」横浜店の詳細情報

数ある伊藤園の直営店の中でも、お茶が楽しめる特別な店舗「茶寮 伊藤園」。
神奈川の茶寮の中でもお茶に関して深い知識をもつ“ティーテイスター”がいる店舗はここ「茶寮 伊藤園」横浜店のみ

お茶の知識を深めるもよし、じっくりとお茶を楽しむのもよしな「茶寮 伊藤園」横浜店にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗名「茶寮 伊藤園」横浜店
住所〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2丁目14−1
横浜ハンマーヘッド1F
電話番号045-263-9987
営業時間10:00 ~ 20:00(L.O.19:30)
テイクアウト情報あり
URL公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
横浜ハンマーヘッドのおすすめ情報
みなとみらい観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事