アートイベント「Creative Railway」に先駆け、8/30(日)からみなとみらい線でラッピング電車を運行

2020年9月26日(土)から、みなとみらい線各駅を舞台にした現代アートの展示・パフォーマンス「Creative Railway-みなとみらい線でつながる駅アート-」が開催されます。

みなとみらい線ではCreative Railwayの実施に先駆けて、2020年8月30日(日)から現代アートのラッピング電車を特別運行します。

ヨコトリ2020参加アーティストが手がけたラッピング電車のデザイン

ラッピングのデザインを手がけたのは、ヨコハマトリエンナーレ2020参加アーティストの飯川雄大氏

デコレータークラブ‐ピンクの猫の小林さん‐」というタイトルで、車両の窓から可愛らしいピンクの猫小林さんが覗いているようなデザインになっています。

みなとみらい線の8両編成のうち4車両の車体がこのデザインになっており、その他の4両は「ヨコハマトリエンナーレ2020」のイメージビジュアルを用いた仕様になっているそう。

運行期間2020年8月30日(日)~10月11日(日)予定
運行区間みなとみらい線他「元町・中華街駅~飯能駅」
使用車両横浜高速鉄道Y500系(1編成)

「Creative Railway-みなとみらい線でつながる駅アート-」について

「Creative Railway-みなとみらい線でつながる駅アート-」は、現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2020」の連携プログラムとして9月26日(土)から実施されるアートイベント

横浜の都心臨海部を走り、駅舎自体のデザイン性が高い「みなとみらい線」の各駅を会場に、アート作品の展示やパフォーマンス等を実施するものです。

都心臨海部周辺でクリエイティブな活動を行う6つの「創造界隈拠点」の取り組みを一体的につなげ、まち全体が盛り上がるようなイベントになる予定なんだそう。

日常的に駅を利用するだけでアートに触れられるなんて、素敵なイベントですよね。

今のところ発表されているプログラムはラッピング電車の運行のみですが、8月末にはその他の情報が続々と発表される予定になっているので楽しみに待ってましょう。

イベント名「Creative Railway-みなとみらい線でつながる駅アート-」
期間2020年9月26日(土)~10月11日(日)
会場みなとみらい線(新高島駅~元町・中華街駅)の駅構内等
主催横浜市、横浜高速鉄道株式会社、創造界隈拠点
URL公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
みなとみらい観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!
横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事