休日限定のお店!野毛で見つけた「古民家喫茶yamasan」の美味しいスコーン

「古民家喫茶yamasan」はInstagramで見つけ、個人的にずっと気になっていたお店。
美味しそうなスコーンが並ぶ写真が印象的で、ぜひ食べてみたいと思っていたんです。

そして今回念願叶って「古民家喫茶yamasan」へ訪問。
スコーン以外にも美味しいスイーツがあったので、メニューも合わせて訪問の様子をレポートしていきます!

目次

「古民家喫茶yamasan」は野毛の小道にあるゲストハウス FUTARENOさんの共有スペース内に

「古民家喫茶yamasan」は、野毛のゲストハウス FUTARENOさんの共有スペースで基本的に週末限定で営業をされています。何気に営業時間が長いのにも驚きました。

「古民家喫茶yamasan」は、野毛の成田山へと向かう小道にありますよ。

ちなみに「ゲストハウス FUTARENO」さんは、海外の人にも人気の宿泊施設。ドミトリーや個室があるので、友達との旅にもおすすめの宿です。

野毛あたりは、桜木町も近いし、横浜駅は隣。横浜観光にも最適ですよね。
さらにこの昔ながらのノスタルジックな雰囲気!風情ある横浜を堪能したいなら野毛は外せません。

表にはメニューと一緒に素敵なコメントも。

スコーンやアップルパイにスパイスの効いたチャイ。美味しそうですね〜。

「古民家喫茶yamasan」のメニュー

今日のお目当ては、インスタに載っていたスコーンです。

スコーンは各種200円とお手頃価格。

国産小麦・きび糖・バター・身体に優しいベーキングパウダーと、添加物も入らない手作りのスコーン。

どれにしようか迷いますね。

ちなみに、「古民家喫茶yamasan」スコーンは毎週いろんな種類が登場します。

有機紫さつまいも・いちごショコラ・紅茶スコーン・マーブルチョコ・クランベリーショコラなどなど。

2度登場するのもあれば、1度しか登場していないものもあるそうなので、好きな味を見つけたらすぐに買いに行きたいところですね。

最新情報は、公式インスタグラムをチェックしてみてください。

他にも、チーズトーストや野菜のスープなども用意。

スリランカ のセイロンティーやアイスティーも楽しめます。

ビールやグラスワインが350円!?なんだか、休日の午後に訪れたら飲みたくなっちゃいそう。

季節限定の美味しいメニューも見逃せません。りんごのパフェ風プリンやチャイのアフォガードなど、ひと工夫あるのも嬉しいところ。

ホカホカのアップルパイとバニラアイスも捨てがたいですね。

「古民家喫茶yamasan」の素敵な店内

さて、早速ガラガラと引き戸を開けて中に入ります。

玄関の前には、「ゲストハウス FUTARENO」の共有スペースが広がります。

古民家だけど、中は旅の本なども置いてあって、ちょっといつもとは違う場所に来た感覚になりますよ。

玄関には、ハリネズミ!と思ったらカエル?の置物が。

ふふ。素敵な空間ですね。

小さな看板にスコーンの温め方も。

レンジでチンしてから、トースターで美味しく焼くのですね。

しかもアルミも活用。焼き上がりが美味しくなるのを研究したからこそのコメント。

こだわりが見えますね。

「急いでるときは手順2まででもおいしくいただける!」という嬉しいアドバイス付きです。

「古民家喫茶yamasan」のスコーンをテイクアウト

どれにするか悩んだものの、結局今回は「家族でも食べるし」と、1種類ずつ購入しました。

袋の上にスコーンの種類を書いてくれるので、間違えることもありません。

王道のプレーン

一番膨らみもあり、食べ応えありそうな王道プレーン。

早速、温めてコーヒーと一緒にいただくと、小麦の甘さと優しい味わいが口に広がります。

思ったより軽くサクッと食べられるので、一個ペロリといただいちゃいました。

シナモン香る アップルシナモンスコーン

お次は、アップルシナモンスコーン。

こちらは温めるとシナモンの香りが広がり、食欲をそそります。
家族が紅茶と一緒にいただきました。(もちろん一口もらいます。)

シナモンとりんごが時々口の中で登場するので、美味しい!

こちらもサクフワのスコーンです。

抹茶が美味しい季節!抹茶ショコラスコーン

チョコもたっぷりと入っていたので、抹茶が一番食べ応えがありました。

抹茶の香りとチョコの甘さ。
チョコがちょっと熱くなるまで温めたのも正解で、トロッとした食感と抹茶のサクッと感がおいしかったです。

個人的には、コーヒーとのセットがおすすめ。

「古民家喫茶yamasan」の店舗情報

「古民家喫茶yamasan」は、日ノ出町の駅から歩いて5分ほど。駅を出て左手に向かう大通りをそのまま進み、野毛坂の交差点を過ぎたら、すぐ右手の小道を上がります。

成田山の文字もあるので、見逃さないように進んでくださいね。

小道に入ったらすぐ左手に「ゲストハウス FUTARENO」が見えてきます。
桜木町の駅からもたったの6分。横浜散策にもちょうど良い場所です。

到着すると店長の息子さん(赤ちゃん)が出迎えてくれるかも。
古民家を改装した宿の共有スペースでカフェタイムを楽しむことも可能で、
スコーンの持ち帰りもお願いすればすぐに用意してくれます。

公式インスタグラムの写真見たら絶対にスコーンを食べたくなっちゃうこと間違いなし!
横浜散歩の際にぜひ寄ってみてくださいね。

店舗名古民家喫茶yamasan
住所神奈川県横浜市中区野毛町4丁目173-5
電話番号不明
営業時間11:00~22:00 基本週末のみ営業
テイクアウト情報あり
URL公式Instagram

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次