石川町のハンバーガーショップ「CENTRAL BURGER SHOP」でスマッシュバーガーを堪能

石川町のハンバーガーショップ「CENTRAL BURGER SHOP」は、日本ではまだ珍しいカリカリに焼き上げた「スマッシュバーガー」を堪能できるお店です。ハンバーガーだけでなく、クラフトビールやスイーツも提供しているそうですよ。

今回は、「CENTRAL BURGER SHOP」でサラダ付きの「Tex Cheese」セットと「スキッピーシェイク」、「キャロットケーキ」をいただいてきたので、レポートしていきますよ。

石川町駅から徒歩約1分。アメリカンとメキシカンが融合したような「CENTRAL BURGER SHOP」

JR石川町駅元町口(南口)から徒歩約1分。改札を出てすぐ右側へ、ひらがな商店街を進んでいくと左手に「CENTRAL BURGER SHOP」があります。以前、ご紹介した「よつばベーカリー」の向かい正面に立地。扉を囲むように白壁につづられた「BURGERSHOP」「COLDBEER」「QUALITYFOOD」の文字が目を引きますね。

店内はアメリカンとメキシカンが融合したようなカラフルな色合い。片方はオレンジ、もう片方は真白い壁で床は緑に彩られています。

バーカウンターにはレコードプレイヤー。

厨房の様子を見ることもできておしゃれな雰囲気です。

内装はアメリカ・オレゴン州ポートランドのカフェのようなイメージでデザインしたとのこと。調度品も60年代や70年代を意識しているそうですよ。

肉を平たくつぶし、カリカリに焼き上げた「スマッシュバーガー」

今回は、「CENTRAL BURGER SHOP」オーナーの土橋洋介さんにお話を伺いました。
(左はオーナーの土橋洋介さん 右はショップマネジャーの三浦宏文さん)

「CENTRAL BURGER SHOP」は2022年5月14日オープン。横浜市京急富岡にある「サンコースト」の姉妹店です。土橋さんは「『サンコースト』は元々両親が始めた喫茶店で、途中から僕が継いでハンバーガーショップに変えたんです。一応5年間やったんですけど、僕自身も新しいことをやりたかったのとお店も横浜の中心に行きたかったということもあって、こちらでお店を始めました」と同店オープンの経緯を語ります。

土橋さんは1年間カナダに住んでいたことがあり、そのときは毎日のようにハンバーガーを食べていたとのこと。土橋さんは「僕自身、ハンバーガーが好きなので、かなり食べ歩きました」と振り返ります。

店名は「横浜市中区」にあるということから。土橋さんは「うちで出している『スマッシュバーガー』のルーツはアメリカの屋台などローカルな場所で出していたんですね。僕はストリートフードと呼んでいるんですけど、このスタイルでやっているお店があまりまだ日本にはないと思います」と話してくれました。また、土橋さんは「ハンバーガーをメインとしてやっているお店ではあるんですけど、お菓子もホームメイドで作っています。コーヒーは15時以降おかわりし放題。ぜひ長居してください。夜はハイボールもご用意してます。さまざまなシーンで使っていただければ」とアピール。

さて、「スマッシュバーガー」とはどんなハンバーガーなのか、期待を胸に注文してみます。

「CENTRAL BURGER SHOP」のラインナップ

ハンバーガーは「Tex Cheese」、「Mex Cheese」、「Classic Cheese」、「Cheese」の4種のチーズバーガーを用意。「Tex」はテキサス仕様でオニオンリング、ハラペーニョ、バーベキューソースが入っていて、メキシコ仕様の「Mex」にはチリミート、サルサ、トルティーヤチップスを使用しています。オニオンやベーコンなどのトッピングも充実しているのでカスタマイズも可能です。パティは積めば積むほど肉のうまみを感じとることができます。

ほかにも、ボリュームたっぷりの「ブリトー」や「サラダ」。「チキンナゲット」、「ケサディーヤ」、「ナチョス」などのつまみ類なども並びます。

また、ソフトドリンクには「コーラ」「コーヒー」「ジンジャエール」といった定番のほかに、「セブンアップ」や「マウンテンデュー」など懐かしい商品も揃えています。アルコールはアメリカのクラフトビールをドラフト3種類とパッケージ3種類、ハイボールやシャンティガフなども用意しています。

さらに、手作りのホームメイドスイーツも日替わりで3から5種類販売しています。

石川町のハンバーガーショップ「CENTRAL BURGER SHOP」でスマッシュバーガーを堪能

今回はサラダ付きの「Tex Cheese」セットと「スキッピーシェイク」、「キャロットケーキ」をいただいてきました。

凝縮された肉のうまみがダイレクトに感じられる「Tex Cheese」セット

肉は100%オージー牛のパティが2枚入っており、チーズはUSチェダーが使用され、パティは1枚1枚薄く仕上げているものの、凝縮された肉のうまみや風味をダイレクトに感じられます。

土橋さんは「『スマッシュバーガー』はパティを鉄板の上で潰すんですよ。そうするとカリカリに焼けるんですね。分厚いお肉が入っているというよりは、どちらかというと薄いお肉を重ねて食べていただく。お肉もこだわっていて、脂身の多いチャックロール(肩)と歯ごたえのあるシルバーサイド(そともも)というお肉を使っています。焼いているうちに出てくる肉の油で揚げるようなイメージですね」と説明します。ちょっとだけピリ辛ですが、辛いのが苦手な人でもペロリと食べられそうです。

セットはサラダとポテトを選べますが、今回はサラダを選んでみました。グリーンリーフ、コーン、トマト、紫キャベツ、タマネギのみじん切りと色とりどりな野菜を散りばめつつ、コブソースでまとめられ絶品。トルティーヤチップスを振りかけて少しだけスパイシーでメキシカン風味に仕上がっています。

ピーナツバターとバニラの甘みが魅力の「スキッピーシェイク」

ピーナツバターとバニラを合わせたシェイクです。
甘みとコクが魅力の一品。たっぷりの量で色合いも濃厚です。

本格スイーツの「キャロットケーキ」

土橋さんの奥様がパティシエということで、「CENTRAL BURGER SHOP」では本格スイーツも提供しています。

土橋さんおすすめの「キャロットケーキ」はニンジンの甘みとシナモンの香り、クルミの食感が三位一体となって食後を上品にまとめてくれました。

「CENTRAL BURGER SHOP」の店舗情報

バーカウンターには、R&Bなどのブラックミュージックの数多くレコードが棚に入っていました。
内装も含めて雰囲気がありますね。

もし石川町周辺へ出向いた際は「CENTRAL BURGER SHOP」に立ち寄って、中南米の空気感を感じ取りながらハンバーガーを手に取ってみてはいかがでしょうか。

店舗名
住所神奈川県横浜市中区石川町2-85-5
電話番号045-278-7914
営業時間11:00~22:00 (Food21:00L.O Drink21:30L.O)
※水曜定休
テイクアウト情報あり(サラダ以外)
URL食べログInstagram

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コラム「なかのひとに聞いてみた」をもっと読む
関内・馬車道観光のおすすめ情報
by
関連テーマからもっと読もう!
あなたのSNSシェアに期待してます!

横浜生まれ横浜育ち!横浜DeNAベイスターズファンです。

横浜のテイクアウト・デリバリー情報に注力中!
新型コロナウィルスによる自粛長期化の影響で、現在横浜の飲食店は苦しい状況を余儀なくされています。そこでハマニアでは、「テイクアウト・デリバリーに対応している横浜の飲食店」の紹介に力をいれています。その他にも「応援チケット」など、横浜の地域メディアとしてできることも日々模索しているので、ぜひSNSなどで情報を拡散してもらえると嬉しいです!
あなたにおすすめの記事