関内のカジュアルイタリアン「CUOCA」でパスタランチを満喫

関内の駅近にあるカジュアルイタリアンの「CUOCA」は2023年10月にオープン。ランチやディナーのほかにも、モーニングも提供しているおしゃれなお店です。季節の野菜をふんだんに使用した手作り料理が特長で、世界各地のワインも40種類以上用意しています。

今回は「CUOCA」でパスタランチ「TROPPO BUONO」(前菜5種・サラダ・パスタ・ドリンク・ドルチェ)をいただいてきたので、レポートしていきます。

目次

アットホームな雰囲気でありながらおしゃれな店内

JR関内駅北口から徒歩約2分、地下鉄関内駅すぐそば。関内大通りを海岸方面に進み、尾上町交差点を越えたブロードビル1stの2Fに「CUOCA」は位置しています。

石造りの外観の入口に入り、かわいらしい壁紙を眺めながら、階段を昇っていくと店内にたどり着きます。

イエローグリーンの内壁に木目調のテーブルとイス。ライブ感あふれるオープンキッチンを囲むようにカウンター席を設置しています。その周りにはテーブル席も用意。モダンでありながら温かみのある風合いでアットホームな雰囲気が感じられます。

「カジュアルにイタリアンを楽しんでもらいたい」

今回は、「CUOCA」店長シェフの野村龍太さんにお話を伺いました。

右上が野村さん、真ん中上は髙橋愛美さん、左上は鈴木清貴さん、真ん中下は滝野国紘さん

元々、第一ホテルの厨房で働いていた野村さん。一度、出身地の群馬に戻り農業に携わりながら料理するというイベントを開催していました。しばらくたってから知人の紹介で銀座のお店でシェフとして勤務。

野村さんは「そのときは『店をやるから一緒に見てくれないか』と言われたんです。半年くらいで軌道に乗せられたので、次はどうしようかなというときに今のオーナーから関内の話をいただいたんです。独立したいという思いもありましたが、自分の幅を広げたいということもあって、飛び込んでみました」と振り返ります。

店名の「CUOCA」はイタリア語で女性の料理人もしくは女性料理という意味だそうです。野村さんは「女性にイタリアンを楽しんでもらう場を提供しようというところから名前を付けました。もうひとつ、日本語の“食べようか”の軽い言い方。ダブル・ミーニングですね。カジュアルで入りやすい店になればという思いを込めています」と説明してくれました。

お店ではモーニングやランチを楽しめる上に、ディナーでは期間限定ものも含めて、世界各国の豊富なワインが赤白併せて40種類以上も用意されています。

野村さんは「東京ではモーニングも流行っているんですよね。ビジネスマンというよりも旅行だったり、遊びに行くついでにモーニングを食べてもらえれば。どちらかというと認知を広げるためにモーニングはやっています」と切り出しつつ、「関内でカジュアルにワインも楽しんでいただけるイタリアンのお店です」とアピールしていました。

「CUOCA」のラインナップ

野菜をふんだんに使った前菜を季節ごとに旬の物を追いながら提供されています。

そのため、時期によって前菜メニューはコロコロ変わります。特に女性は健康志向が高いので、野菜をふんだんに使いつつ化学調味料を極力入れずに、味付けもシンプルになっているようです。

ランチの前菜5種は毎回黒板にメニューを記載されています。

パスタは女性でも食べやすいショートパスタに比重を置かれています。ドルチェも手作り。

ディナーは温菜や肉料理なども充実しており、いずれも質の高い一皿を提供しています。ドリンクはワイン以外のアルコールメニューやソフトドリンクも並びます。

今回は、パスタランチ「TROPPO BUONO」(前菜5種・サラダ・パスタ・ドリンク・ドルチェ)をいただきました。

野菜豊富でさまざまな味わいを楽しめる「前菜5種」

時期によってメニューが変わる前菜。

今回いただいたのは

  • テッドドモワンヌ
  • かぼちゃとベーコンのオムレツ
  • 葉玉ねぎとソーセージのペペロンチーノ
  • グリーンピースのポタージュ
  • バナナとさつまいものローストサワークリーム

の5種です。

あっさりとしていながらもボリューミーな「かぼちゃとベーコンのオムレツ」に、なめらかな酸味のソースでまとめている「葉玉ねぎとソーセージのペペロンチーノ」。

素材本来の甘みを引き出した「バナナとさつまいものローストサワークリーム」と修道士の頭という意味の「テッドドモワンヌ」は濃厚なコクを味わえるチーズ。

スープにはグリーンピースの旨みが詰まった「グリーンピースのポタージュ」を用意しています。

野菜が豊富で塩味、甘み、酸味とさまざまな味のバリエーションを楽しめる一皿でした。

彩り鮮やかなシャキシャキサラダ

ミニトマトや紫大根、レタス、パプリカなどのみずみずしい生野菜をペースト状にしたごまドレッシングでまとめたサラダです。彩り鮮やかなサラダをシャキシャキ食感で楽しめます。不思議と食の進むサラダでした。

酸味、辛味、食感が三位一体となった「タコのプッタネスカ」

こちらはショートパスタにたっぷりとトマトソースがかけられている「タコのプッタネスカ」です。

ケイパーやハラペーニョの辛みの刺激にトマトの酸味。タコの食感も混じり合って三位一体となったおいしさです。シャキシャキサラダとは打って変わって濃厚な味わいを堪能できました。

チョコの旨みがギュッと詰まった「チョコテリーヌ」

チョコの旨みが凝縮された濃厚ケーキです。添えられた苺とかけられた生クリームや粉糖が主役であるチョコテリーヌを引き立てています。最後まで上質な味わいを楽しませてくれるランチメニューでした。

「CUOCA」の店舗情報

今回はランチをいただきましたが、多彩な味わいを一度に楽しめました。

まるでイタリア料理の遊園地といった印象です。また、モーニングやディナーでは別の楽しみ方もあるかと思います。女性をターゲットとしたお店ではありますが、男性でも十分に満喫できるのではないでしょうか。

もし、関内周辺に伺う機会がありましたら一度寄ってみてはいかがでしょう。

住所神奈川県横浜市中区常盤町3-37 ブロードビル 1st 2F
TEL045-225-8624
営業時間ランチ  8:30~15:00
ディナー
 日〜木 17:00~22:00
 金・土 17:00~23:00
定休日不定休
URL公式サイト
Instagram
食べログ

関内の情報

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次