横浜駅前「桃花苑」で気軽に本格中華!ホテル横浜キャメロットジャパンで楽しむランチタイム。

横浜駅前の老舗ホテル「ホテル横浜キャメロットジャパン」。

その中にある「桃花苑」は「おいしい中華料理を食べたい時には絶対ココ!」という熱烈なファンも多い、本格中華のお店です。

つい先日も「Cafe&BAR エルコラーノ」目当てでホテル横浜キャメロットジャパンさんに足を運んだばかりですが、「桃花苑」の魅力につられ再訪問。

今回はホテルの皆さんやお店の方にお話をうかがいながらランチを楽しんできたので、その様子をレポートしていきます!

目次

中国料理「桃花苑」は横浜駅前の「ホテル横浜キャメロットジャパン」2階

ホテル横浜キャメロットジャパンは、横浜駅西口から徒歩5分くらいのところにあります。

ジョイナス地下街を通って、雨の日でも濡れずに行けるのが嬉しいところ。

その2階に入っているのが、「中国料理 桃花苑」。

カーペットが敷かれゴージャスな衝立が正面を飾る、ちょっぴりフォーマルな店構えですが、「いらっしゃいませ」というお店の方々の明るい声と笑顔がリラックスさせてくれます。

店内は広々としていて、話に花が咲きそうな友人同士や家族連れなどでも落ち着いて過ごせそうです。

個室もあるので、結婚前の両家顔合わせのような、セレモニー的な日にもピッタリですね。

ホテルの中でも外でも楽しんでもらえるお店作りを

今回お話を聞かせてくださったのは、ホテルの総支配人・塩見さんと、桃花苑の総料理長・阮(ゲン)さん

冒頭から「宿泊されている方だけでなく、ランチやティータイムにも気軽に足を運んでもらえるお店でありたいですね」と熱い想いを話してくれた総支配人・塩見さん。

ホテルのオリジナル商品やギフト商品を展開するなど、ホテルの中だけでなく外でも楽しんでもらえる取り組みにも力を入れているそう。

そして「ちょっとくだけすぎですかね?」と言いながら写真に収まってくださった、おふたりの素敵な笑顔!

このフレンドリーでアットホームな雰囲気が、そのままホテルとお店の温かい空間を作り上げているんですね。

そんなおふたりが、今のイチオシとして紹介してくださったのが、オリジナル商品の「ゲンさんの食べる辣醤(ラージャン)」です。イラストもゲンさんそっくり!(ちなみにこのイラストはゲンさんのご友人が描いたものなんだとか)

10年の年月をかけて完成した一品で「一度食べたらやみつきになること間違いナシ」という自信作。赤いラベルが「辛さLv.2」、黒のラベルはより辛い「Lv.3」になっています。

この日は特別に「辛さLv.2」の方を味見させて頂きました。

マイルドな辛さでコクと旨味がたっぷり。干しエビやガーリックチップ、カシューナッツなど具材がゴロゴロ入っていて、食感も楽しめます。

このまま食べても、ご飯や冷ややっこに乗せても、生春巻きや唐揚げにつけてもと、毎日でも活躍しそう。

ホテル内で販売されているほか、通販サイトからお取り寄せもできるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

テイクアウトも充実!「桃花苑」のランチメニュー

メニューを開くと、最初に出てくるのは「季節の特別ランチメニュー」。取材時は「麻婆豆腐セット」でした。

梅雨時の蒸し暑さを振り払ってくれそうな麻婆豆腐に、ご飯・スープ・サラダ・御新香・デザート・コーヒーまでと盛りだくさん!

そして3種類から選べる「ランチセット」や、麵もの・ご飯もの。ゆっくり時間をかけて味わいたい、コース料理の「中華御膳」もあります。

ちょっと驚くのが、テイクアウトメニューの多さ。
2~3名分のメニューもあるので、家にお客さんが来る時のランチにもおすすめです。

サービスのお茶は席で淹れてくれました。

さりげないポイントですが、これは嬉しい…。
お店の、おもてなしの気持ちが伝わってくるようです。

「桃花苑」の本格中華を堪能

この日は2名で訪れ、「特製四川担々麺」と「ランチセットA」を注文しました。

特製四川担々麺

人気ナンバーワンという担々麺は、とろりと濃厚な自家製スープが特徴です。

練りごまをベースにしたクリーミーな味わいに、隠し味のピーナツバターで深みもプラス。

マイルドな辛さなので、辛い物があまり得意じゃない人でもおいしく食べられそうです。

麺を軽く混ぜてみてビックリ。

大ぶりの海老にきのこ、イカなど具材が出てくる出てくる!牛そぼろの下に隠している(?!)ところが心ニクイ演出です。

松の実や揚げワンタンも入って、食感のアクセントも楽しめます。

ランチセット(Aセット)

松花堂弁当のような器にお料理がきれいに収められ、ご飯とスープがセットになった一品。

器のフタを目の前で取ってくれるので、ワクワク感も倍増です。

左上から反時計回りに、フルーツトマトがとっても甘い「サラダ」、やわらかい鶏肉に味がしっかりと染みてご飯が進む「角切り鶏肉の唐辛子炒め」、ゴーヤやパプリカが入って彩りも鮮やかな「海老と旬野菜の炒め」、そして「デザート(抹茶のババロア)」は茶葉の香りが感じられる上品なスイーツ。

いろいろな味わいが楽しめて1品ずつの量もたっぷりとあり、満足度◎のランチセットでした。

桃花苑の店舗情報

今回は、ホテル横浜キャメロットジャパン内「中国料理 桃花苑」を訪れました。

格式あるお店ながら、アットホームなおもてなしとリーズナブルでおいしいお料理が楽しめる同店。

宿泊客でなくても気軽に足を運べるお店なので、フォーマルにもカジュアルにも、大切な人との時間をもっと素敵に演出したい日に、ぜひ訪れてみてください。

店舗名桃花苑
住所神奈川県横浜市西区北幸1-11-3
ホテル横浜キャメロットジャパン2階
電話番号045-312-3490
営業時間【月~日、祝日、祝前日】
11:30~15:30 (料理L.O. 14:30 ドリンクL.O. 14:30) /
17:00~20:00 (料理L.O. 19:30 ドリンクL.O. 19:30)
テイクアウト情報あり
URL公式サイト
あわせて読みたい
「Cafe&BAR エルコラーノ」横浜駅前老舗ホテルのラウンジカフェでおしゃれランチ! 「ちょっと特別感のある場所でおいしいものが食べたい!」という時におすすめなのが、ホテルに入っているお店です。 今回ランチに訪れた「Cafe&BAR エルコラーノ」は、...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次